スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロパルツ 弦楽四重奏曲第1番ト短調

 19世紀後半の濃厚なロマンのコクにつつまれた厳粛な対位法。そんな弦楽四重奏を聴いている。

 フランスの作曲家ジョゼフ=ギィ・ロパルツ(Joseph-Guy Ropartz)の魅力について、このブログの初期に、国籍混淆と述べたことがあった。フランス的であると同時にドイツ的でもあり、またブルトンの民族音楽の香りがする。多くの優秀な作曲家がそうであるように彼の書法もまた独特である。1854年に生まれ1955年に没した作曲家だが、終生、ロマン主義的な音楽に根差したことも一つの魅了だろう。


Ropartz


 今日聴いたのは、19世紀の終わり1893年に書かれた弦楽四重奏曲の第1番である。演奏はスタニスラフ四重奏団というカルテットだが、よく知らない。ただ情感たっぷりと歌いだす第1楽章冒頭などは見事であるし、絡み合う各声部をきちんと描き分けている。第2楽章は民族音楽の楽しみに満ちている。第3楽章は白眉の美しさ。儚げなロマンティシズムあふれる楽想が移ろいながら、時にシンフォニックな響きすら持ちながら流れていく。"Vif et anime(活き活きと速く)"と指示された第四楽章はこれまた魅惑のブルトンの踊りがすぐれた対位法的処理によって一層高められている。

 それにしてもこのフランクからダンディを通じてもたらされたこの一派の音楽の、なんと魅力的なことだろう。フランス音楽のもつエスプリとブルターニュの素朴で純粋な民謡との出会いの妙味は、他では味わうことができない。こんな楽しい弦楽四重奏曲はめったにない。なぜ今日もっと演奏されないのかが、不思議でならない。

第1楽章冒頭
ロパルツ


[試聴]
http://ml.naxos.jp/album/1C1121

スポンサーサイト

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

ロパルツ/バビロンの流れのほとりに

 フランスの作曲家セザール・フランクが、どこの国の作曲家なのかという問題について、前に柴田南雄さんの著書で読んだ記憶がある。元来ドイツ系の家系ではあるものの、生まれはベルギー。しかしながらコンセールヴァトワールを出てからずっと活躍したのはフランス。フランス音楽の中に、非常にドイツ的なしっかりした構築性のある音楽を書き、それを根付かせた。

 そのフランクに学んだのが、今日聴いているロパルツだ。Wikipediaによれば、1864年6月15日に生まれ、1955年11月22日に亡くなったフランスの作曲家。「ドビュッシーと同世代であるが、フランク=ダンディ楽派の伝統に従って、後期ロマン派音楽の伝統上で創作を続けた」・・・・・・のだという。色彩感ある響きはフランスだが、確かにフランクやその弟子ダンディのような、極めてドイツ的な音楽でもあり、また民族風(曲の解説を読むと、故郷がブルターニュ地方なのだそうで、ここはケルト系のブルトン人という民族の風俗が強く残る土地なのだそうだ。)でもある。フランス+ドイツ+ケルト。こうした国籍混淆の音楽が、この一派の醍醐味ともいえる。


ロパルツ バビロン川のほとりに


[試聴]
http://ml.naxos.jp/album/8.223774

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。