スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラフマニノフ 前奏曲Op.3-2 「鐘」 | Igudesman & Joo

 かつてこれほど壮絶なラフマニノフ、そして苛烈を極めるレッスンを見たことがない。これはすごい。






 ・・・・・・・・・・・・Σ( ̄ロ ̄|||)





 Piano resson



I will survive



Mozart Bond


Ticket to Ride



Riverdancing Violinist

スポンサーサイト

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番ハ短調op.18 | ギーゼキング&メンゲルベルク指揮ACO

 ピアノ協奏曲というのは略称で、正しくは「ピアノとオーケストラのための協奏曲(Concerto for piano and orchestra)」という。そのことを再認識する一枚が今日聴いたこれだ。冒頭、最弱音から立ち上がる鐘の音を聴いた時から、時間を忘れてしまった。

ギーゼキング ラフマニノフ


 セルゲイ・ラフマニノフは、1873年に生まれ1943年に没したロシアの作曲家であり、ピアニストである。豊かな自然に囲まれながら多感な少年期を過ごし、モスクワ音楽院でピアノと作曲を学んだ。ピアノ科卒業時の同期にあのスクリャービンがいることからも、つくづくロシアは才能の沃野であると思う。卒業後、交響曲第1番初演の大失敗(彼のせいではない)から自信を喪失し、精神状態を損ねたが、こうした苦境を乗り越えて書かれたのがこのピアノ協奏曲第2番。これを20世紀の巨匠ヴァルター・ギーゼキングが、天才ウィレム・メンゲルベルクの指揮、アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団とともに、弾ききっている。

 一言で言ってギーゼキングの音楽というのは、揺るぎないテクニックと虚飾のないピアニズム。自然な演奏という点では、以前に書いた小川典子さんなどもそうだと思うが、この人の演奏からは、より力強く、迷いのない鋼鉄の意志を感じる。

 メンゲルベルクの振るオーケストラも負けていない。第1楽章、再現部の第2主題。7:20あたりから流れる、このホルンの第2主題が何と自然で美しいことか。ここでのメンゲルベルクのテンポの取り方が絶妙で、天才的ともいえる。冒頭からソリスティックな凄まじいダイナミクスの幅をみせたギーゼキングであるが、これ以降は一転、しばし見事なアンサンブルに徹する。ソリストなのだからとか、コンチェルトなのだからといった人為的な気負いは一切ない。それぞれがそれぞれの役割を理解した職人の音楽である。第2楽章は天上の美しさ。左手のアルペジオは一貫してアンサンブルに徹し、右手はハッキリとしたタッチで孤高のメロディーを歌う。ここで改めて感じるのは、ラフマニノフの室内楽的な書法である。第3楽章ではメンゲルベルクの気合とともにオーケストラが重厚なシンフォニーの如く鳴り渡り、爆発し、またギーゼキングのテクニックが遺憾なく発揮されている。終了と同時の拍手がいただけないが、この演奏に生で触れたら確かに抑えられないだろう。録音がもっと良ければ・・・というのはねだりすぎか。

[試聴]
http://www.nicovideo.jp/watch/sm2942455

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

透明で潤い豊かなラフマニノフ

小川典子 ラフマニノフ


 ナクソスの今週の一枚に、ピアニスト小川典子さんが指揮者のオウェイン・アーウェル・ヒューズ、マルメ交響楽団と一緒に演奏した盤が挙がっていた。ラフマニノフの第2と第3のピアノ協奏曲が入っている。早速第2番を聴いてみた。

 全体を通して、とにかく無駄な力みがない。第1楽章、冒頭の鐘の音からして凄く自然だ。続くオーケストラも、何ら人為を感じさせないままに、第 1主題を滔々と奏で出す。互いの音を非常に良く聴きあう、こうしたアプローチのおかげで、独奏ピアノとオーケストラが十分に調和して聞こえる。そのため、よく「室内楽的」と呼ばれるこの第1楽章の特徴を一層味わうことができる。終わりのほうで経過句なしに突然現れる第二主題は、息を呑むほど美しい。第二楽章は甘美な流れ。マルメ響の肉厚な内声と豊潤なサウンドがクリアな分離感を伴って立体的に立ち上がり、ピアノは静かに語りだす。第3楽章は協奏曲ならではの醍醐味満載。自在に変幻する情感を余すところ無く弾ききっている。これまでの様々な演奏で堆積してきた古い地層がきれいに落とされ、楽曲本来のしっとりとした地肌が見える。

 透き通るような輝きと豊かな潤い。
 唯一の心残りは、空腹に耐えかねてうどんをすすりながら聴いてしまったことだ。(汗)


↓[試聴]小川典子(ピアノ)/オウェイン・アーウェル・ヒューズ指揮/マルメ交響楽団
http://ml.naxos.jp/?a=BIS-CD-900

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。