スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディファレント・トレインズ | スティーヴ・ライヒ

 私たちが生まれた20世紀は、人類が未曾有のTotal War(総力戦)を体験した戦争の世紀でもあったといわれる。戦争を体験したことのない世代である自分にとって、それがどのように厳しく、どのくらい辛いものなのかは想像するしかないのだが、身近な人々が、それも経験したことのない規模で死ぬという経験は想像を絶する。「死は観念である。」として、「執着するものがあるから死に切れないということは、執着するものがあるから死ねるということである。」と、三木清は「人生論ノート」で書いた。だがそんなに単純なものなのだろうか。

 さて今日は随分と早く、朝5時くらいに目が覚めた。半分目が覚めたような、半分眠たいような状態で、なぜ、そうなったのか分からないのだが、ふとこのあいだの大晦日に見たスティーヴ・ライヒ作曲の「ディファレント・トレインズ」のことを思い出した。NHK教育でやっていたもので、ストリング・クヮルテット・アルコという、日本人による弦楽四重奏団が弾いている。この放送を見て以来、自分にとってこれが忘れられない衝撃となっており、朝からその録画をもう一度聴いた(見た)。

 (動画はこちらのサイトで見られるようだ。)

 スティーヴ・ライヒは、20世紀を代表するアメリカの作曲家だ。ミニマル音楽と呼ばれる、フレーズの繰返しを多用しながら音楽を構築する手法で特に有名であり、この曲もそうである。3つの楽章からなっており、「インタビューで録音された古い肉声を使用しており、その肉声が奏でる音程に合わせて弦楽器のメロディーが反復され、加速するといった」手法がとられ、「第二次世界大戦前のアメリカ、第二次大戦中のヨーロッパでのホロコースト、戦後のアメリカにおける汽車の旅が、汽笛の音を散りばめながら描かれている。」(ウィキペディア)

 難しいことはこのくらい。この作品は、理屈などいらず、凄い。特に9:03あたりから始まる第2楽章は、涙なくしては聴けない。後半、誰かがコメントした「戦争って、こんな形でも表わせるんだな。」という言葉がすべてを表しているように、ライヒの天才性とか、ストリング・クヮルテット・アルコが上手すぎることとか、演出が見事なことなどを通り越して、凄い。
スポンサーサイト

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。