スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リスト ピアノ協奏曲第1番変ホ長調 S.124 | ユンディ・リ

 朝から雨が降っていて、どうもすっきりしない。何か爽快な演奏はないかと思って棚をあさっていたところ、ユンディ・リがリストの協奏曲を弾いたCDが出てきた。

 フランツ・リストは、1811年に生まれ、1886年に没したハンガリー出身の天才ピアニスト。あまりの超絶的なテクニックから「ピアノの魔術師」とまで呼ばれた。作曲家としても有名であるが、彼の書くピアノパートは、極めて高い技巧が要求され、弾き手を選ぶ。それを若いユンディ・リが力の限りエネルギッシュに弾ききった演奏がこれだ。


ユンディ・リ リスト ピアノ協奏曲


 ユンディ・リは、2000年に開催された第14回ショパン国際ピアノコンクールで第1位となり、以来注目されているピアニストだ。1982年に生まれていて、この録音が2006年だから24歳の時だろう。実はユンディ・リの演奏は、生では一度も聴いたことがなく、録音もこのCDとショパン・コンクールのものしか聴いたことがない。というのもこのCDを最初に聴いて以来あまり印象に残らなかったので長く書庫の棚で眠っていたものだった。それがなぜか今日、ふと聴きたくなってかけてみたのだが、底抜けに明るいユンディ・リの演奏に、どんよりしていた気分が晴れ渡り、とても具合が良くなった。彼の音楽にこんな効用があるとは思わなかった。びっくりである。

リスト ピアノ協奏曲から


 とにかくこの曲は、すさまじい難曲である。が、ユンディ・リは曇りのないテクニックで難なく弾ききっている。ためらいや迷いのない堂々とした演奏は、とても気持がよい。明朗な音色は、今日の曇天を突き破るように輝かしく、すがすがしい。ただ残念なのは、指揮とオーケストラのまずさだ。リズムの縦が合わず、強弱が唐突に過ぎ、アンサンブルも集中力を欠く。まったくへたくそである。指揮のせいか、オケのせいかは私には分からないが、ここを変えればもっと良い盤になっただろう。今後の再録音に期待である。


 どんよりした気持ちを晴らしてくれたユンディ・リに感謝。

スポンサーサイト

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。