スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アレグリ 「ミゼレレ」 | タリス・スコラーズ

 職場の引っ越しがあって、大変な作業が続いていた・・・。何といったってダンボール150箱以上に詰められた書籍を手運びである。ダンボールに満載の書籍って、本当に重いのである。あまりの量にショック・・・というより、一番のショックは筋肉痛が二日経ってからきたことである。

・・・・・・Σ( ̄ロ ̄|||)

 こんなに精も魂も尽き果てた夜は、一時の安らぎを。バロック期を生きた作曲家アレグリの名曲「ミゼレレ」が心に染み渡る。

タリス・スコラーズのミゼレレ


 グレゴリオ・アレグリ(Gregorio Allegri)は、1582年に生まれ、1652年に没したイタリアの作曲家兼聖職者である。同時期の作曲家に比べ、極めて保守的な作風を堅持し、ローマ楽派に数えられる。この「ミゼレレ」の他に数曲しか知らない私だが、知る限りにおいてはこの曲がやはり最高だと思う。旧約聖書の詩篇から採られた歌詞にのせて、実に清らかで抑制の効いた祈りの音楽が奏でられていく。

(手元の聖書より引用;旧約聖書・詩篇第51篇)
神よ、あなたのいつくしみによって、
わたしを憐れみ、
あなたの豊かな憐れみによって、
私の諸々の咎をぬぐい去ってください。
私は自分の咎を知っています。
私の罪はいつも私の前にあります。
私はあなたに向かい、ただあなたに罪を犯し、
あなたの前に悪い事を行いました。
それゆえ、あなたが宣告をお与えになるときは正しく、
あなたが人を裁かれるときは誤りがありません。
見よ、私は不義の中に生まれました。
わたしの母は罪のうちに私を身ごもりました。
見よ、あなたは真実を心のうちに求められます。
それゆえ、私の隠れた心に知恵を教えてください。
(以下、略)

なんと流麗で清冽な音楽だろうか。なんと心洗われる音楽だろうか。

アレグリ ミゼレレ

この曲は気になる演奏がいくつもある。
ゴージャスなオックスフォードカメラータ、慈愛に満ちたケンブリッジ・キングズ・カレッジ合唱団も素晴らしいが、私個人としては、清らかな祈りに満ちたタリス・スコラーズが最高である。テクニックも最高級であるが、何よりきりっと引き締まったテンポが良い。同じタリス・スコラーズでも他の録音から抜きんでて、このGimellというレーベルから出ている盤が素晴らしい。


[試聴]
ケンブリッジ・キングズ・カレッジ合唱団


タリス・スコラーズ
http://ml.naxos.jp/work/163454
スポンサーサイト

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。