スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐藤聰明 夜へ | 兎束俊之指揮 アンサンブル・エンドレス

 ここ三ヵ月、休みもほとんど取らず、随分と激しい商戦に身を置いてきた。随分と疲れた。そしてなぜか、日本の作曲家・佐藤聰明さんが1991年に書いた「夜へ」という曲を、無性に聴きたくなった。

 私が佐藤聰明(さとう そうめい)さんの音楽を知ったのは、10数年前、一柳慧さんの「タイム・シークエンス」という曲が聴きたくて買い求めた「現代日本ピアノ音楽の諸相」というCDだったと思う。そのCDの中に、「インカーネイションII」という佐藤聰明さんの楽曲が入っていて、とても気になる曲だった。一度気になると、他の曲も聴いてみたいと思うのが人情というもので、当時CDを取り寄せた中の一枚が、今日聴いたこれである。

 曲は終始、静けさに満ちている。そして人類の黄昏への哀歌が、時が止まったかのような世界の中で、訥々と弦楽により歌われていく。弦楽器の奏するが、とても美しく、厳しく、悲しい。この凄絶なまでに痛々しく、けれど安らかなる音の世界をどう表現していいのか、私には分からない。ただ帯に書かれたこの言葉が、最も近いように思う。

「人類の黄昏への哀歌、静謐なる音の海・・・・・・・・・・・・」

 ひたすらに流れる、黄昏への哀歌。


佐藤聰明 夜へ


[試聴]
http://ml.naxos.jp/work/193445
(ナクソス会員でない方は30秒で終わるためこの曲は特につらいかもしれません。)
スポンサーサイト

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。