スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアノ・・・叩き過ぎではないでしょうか?

 先週末は、とある音楽ホールの杮落しのコンサートがあって、これは仕事上企画の段階から携わってきたものだった。主催側にあるピアニストを紹介し、音楽に見識の高い主催者側のおかげをもって、当日はとても盛り上がり、意図した通りの素晴らしい結果として終わった。大成功だったといえる。

 ただ一つだけ、気になったことがある。最近のピアニスト、ピアノを叩きすぎじゃないだろうか。

 確かに豪壮に叩きつける演奏が、特にライヴでは視覚的にも、聴感上も有利な効果として作用することは否めないだろうし、ピアニストの先生方にしてみれば、不勉強な門外漢が何を言っているのだということになるのかもしれない。だがピアノとは、ピアノであってフォルテではない。はっと息をのむような瞬間、しかもそれがピアニシモでもたらされるというようなことが、このところとても少ないように思える。

 もちろんクラシック音楽にも流行があって、いつの時代にもその時代に求められる音を、ピアニストやピアノメーカーは追求してきた。例えばメーカーで言えば、時代の潮流に敏感に反応し成功したのがスタインウェイや国内ではヤマハだろうし、逆に伝統を頑なに守ることで失敗したのがベヒシュタインやベーゼンドルファといえるかもしれない。でもこれはあくまでビジネスの話。音楽的にどうかというのは市場占有率とはまた別であって、豪奢に鉄骨フレームまで鳴らし尽くすことだけが音楽のすべてではない。ひそけき高貴な音も、甘美で繊細なピアニシモもまた音楽である。誤解の無いように付け足せば、前者の豪奢な鳴らしというのも、これはこれで素晴らしい音楽の世界へ誘ってくれるもので、決して否定するものではないし、むしろ賛美するものである。だがどのメーカーも、どのピアニストも、通り一辺倒になって同じような演奏、弾き方、サウンドというのもまた寂しい。これは音楽の聴取といった段階でも、その道の大家や玄人、通といった先生方の「スタンダードな批評」をそのまま信じてしまう今日の消費の在り方にも似ているようにも思えるし、コンクールという画一的な評価システムにしてもまた然り。(といいつつ、それに少なからず惑わされたり、携わったりしている自分も同じなのだが。)ただ一つだけ自信をもって思うことは、人それぞれに味の好みがあるのと同じく、音楽の好みにももっと広範な多様性があって良いということ。貴方と私は違って当然なのである。

 最後にこの日の若いピアニストは素晴らしい仕事をしてくれたし、その音楽も素晴らしいものであったことをもう一度強調しておきたい。
スポンサーサイト

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

ヤマハ新型フルコンサートグランドピアノ CFX

 NAMM SHOW(ナム・ショー)という、毎年行われる楽器の国際見本市があって、そのサイトを眺めていたところ、国内メーカーのヤマハが新型のフルコンサートグランドピアノ「CFX(シーエフエックス)」を発売するとの記事を見つけた。それによると、これまで同社のフラッグシップとして輝いてきた同社のフルコンサートグランドピアノ「CFIIIS(シーエフスリーエス)」に替わる後継機。この新しいCFシリーズは、世界屈指のピアノメーカー「ヤマハ」110年の伝統に加え、ヤマハの職人、デザイナー、エンジニアによる研究開発の19年を表しているとのことで、ヤマハの本気さが感じられる。このCFXのほかに、2つの小型モデル、CF4とCF6もデビュー。ピアニストに、前例のないトーンの投影と卓越した表現力を提供するという。2010年夏発売予定。

 これが北米市場向けなのか、国内でも発売になるのかは分からないけど、個人的に思い入れの深いメーカーだけに、頑張ってほしい。ちなみに下記のサイトで、音も聴けるのだが、感想は・・・。

[試聴]※画面左のメニューのかなり下のほうにある「CF SERIES PRESS......」という部分。英語スピーチの後、後半にピアニストが弾いているシーンがある。
http://www.yamaha.com/namm/


えっ!?


・・・せっかくの美音なのに録音が悪すぎるためになかなか良さが伝わってこない。録音環境さえ良ければ本当はもっとすごい音色なんだろうと思うと、残念である。他の音源が出てくるのを楽しみにしていよう。。。

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

ホロヴィッツ モスクワ・ライヴ1986 | ウラディーミル・ホロヴィッツ(Pf)

 「舌の根の乾かぬうちに」・・・というわけではないのだが・・・。

 少し前にルービンシュタインについて書いたし、それはルービンシュタインこそ素晴らしいというような内容だったけれど、今日はホロヴィッツを聴いている(汗)。そして何より思うのは、やっぱりホロヴィッツこそ素晴らしいということである。

 ・・・・・・やはりこういうのを「舌の根の乾かぬうちに」というのだろう(汗)。
 舌といえば、かの巨匠もドーバー海峡の舌ビラメの料理が大層好物だった・・・まったく関係ないが。

ホロヴィッツ・ライヴ・イン・モスクワ1986


 ウラジーミル・ホロヴィッツについては、今更語る必要がないというほど有名な20世紀の巨匠である。1903年にウクライナ(当時のソ連邦)に生まれ1989年に没したアメリカのピアニスト。神経質で常に癇癪を起す変人などともいわれるホロヴィッツであるが、一方で12年ぶりの彼のコンサートのチケットを買うために長蛇の列を作ったファンのために、食品販売用のワゴン車を繰り出して、人々がただでコーヒーとドーナツにありつけるよう手配した(フランツ・モア著「ピアノの巨匠たちとともに」音楽之友社)など心温まるエピソードもある。愛用のピアノについては、抵抗がなく非常に軽く、でも戻る力は非常に強い鍵盤を好んだという。また「ホロヴィッツ・トーン」といわれる彼独特の音色と、完璧にピアノを制御しきる最高度のテクニックによって繰り出される名演奏の数々はそのほぼ全てが神がかっている。名実ともに20世紀最大のピアニストといえるだろう。

 そのホロヴィッツが1986年4月20日に、82歳にして61年ぶりの帰郷を果たした記念すべきモスクワでの演奏会の録音を今日聴いている。曲目は以下の通り。

------------------------------------------
1. ソナタ ホ長調K.380(D.スカルラッティ)
2. ピアノ・ソナタ第10番ハ長調K.330(モーツァルト)
3. 前奏曲ト長調op.32-5(ラフマニノフ)
4. 前奏曲嬰ト短調op.32-12(ラフマニノフ)
5. 練習曲嬰ハ短調op.2-1(スクリャービン)
6. 練習曲嬰ニ短調op.8-12(スクリャービン)
7. ヴァルス・カプリス第6番 ウィーンの夜会(シューベルト/リスト編)
8. 巡礼の年第2年「イタリア」~ペトラルカのソネット第104番(リスト)
9. マズルカ嬰ハ短調op.30-4(ショパン)
10. マズルカへ短調op.7-3(ショパン)
11. 「子供の情景」~トロイメライ(シューマン)
12. 花火op.36-6(モシュコフスキ)
13. W.R.のポルカ(ラフマニノフ)
------------------------------------------
[試聴]
http://listen.jp/store/album_00028941949929.htm
※なぜかIEでないと正常に聴くことができないようだ。


 最初のスカルラッティが鳴りだすと同時に、ああ、やっぱりホロヴィッツの音だと実感する。少し鼻にかかったホロヴィッツの音色。「モーツァルトはロマン派のように弾き、ショパンは古典派のように弾く」という彼の言葉通り、甘くロマンティックなモーツァルト。続くスクリャービンは絶品である。ホロヴィッツを聴いていていつも思うことだが、フォルテよりもピアノ、特に最弱音をどうしてこんなに美しく、鮮明に、絶妙の音色とコントロールで出すことができるのか。音量が物理的に小さくなるという以外、何も損なわれるものがない。10本の指から、まるでオーケストラのように、色鮮やかに変幻する極彩色の音色が紡がれ、良い意味でこちらの予測を裏切る音楽が、否応なしに聴き手の私を惹き込んでいく。これを恣意的な解釈だとか、批判することはいくらもできよう。だが私は、そんな難しいことを抜きにして、彼の音楽が大好きである。

 余談だが、この演奏会はシートのほとんどを政府関係者や大使館関係者などが占めてしまい、一般に売り出されたのは僅かに400枚程度。モスクワ音楽院の学生たちがチケットを手に入れられないときいたホロヴィッツは、全員をリハーサルに招待し、しかもそこでリハではなく、本番をやったという。何と気難しくも愛すべき巨匠なのだろうか。

 ルービンシュタインに続いて、この素晴らしいCDを渡してくださったF女史に感謝しつつ、今宵は無性にうまい舌ビラメと発泡性のワインが食べ(飲み)たくなってきた。

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

クリスチャン・ツィメルマン ピアノ・リサイタル 2009年長野公演

 ポーランドのピアニスト、クリスチャン・ツィメルマンの長野公演に行ってきた。場所は長野県県民文化会館大ホール。2000以上のキャパをもつこのホールであるが、客入りは概ね満員。さすがはツィメルマンである。


クリスチャン・ツィメルマン 長野公演


プログラムは以下の通り。

----------------------------------
J.Sバッハ:「6つのパルティータ」より第2番ハ短調 BWV826
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第32番 ハ短調 作品 111

(休憩20分)

ブラームス:4つの小品 作品 119
シマノフスキ:ポーランド民謡の主題による変奏曲 作品 10
----------------------------------

 バロックに始まり、古典派を経てロマン派へ。最後はツィメルマン氏の故郷であるポーランドの作曲家シマノフスキの後期ロマン派の影響色濃い初期の作品という、考え抜かれたプログラミングである。今日の長野は蒸し暑く、ホールは湿気がこもってしまって音が飛びにくい状態だったが、そんなことは関係ないくらいに素晴らしい演奏であった。

 まずはバッハのパルティータ。この古楽全盛の時代にバッハをピアノで弾くということは、それなりの意義のあることだと思うし、ツィメルマンのような大ピアニストが弾くとなればなおさらである。一見さらさらと紡がれるツィメルマンのバッハであるが、ピアノならではのディナーミクとタッチによる音色の変幻、そして各声部が別の人間によってひかれているのではないかと思えるほど独立したアーティキュレーションによる緻密なアンサンブルだった。特にダンパーペダルの使用を抑制した第3曲サラバンド以降の3曲が印象に残った。

 続いてのベートーヴェンのソナタ。32曲あるうちの最後のソナタであり、後期の最高傑作であるこのソナタを、大きなスケールで描ききった。静と動、光と闇というように、非常にドラマティックな対比が行われ、アクションのフレンジひとつひとつまで感じているのではないかと思われるほど見事にピアノを制御しきっていた。

 後半のブラームスは、地味な作品。ネクラなブラームスが晩年、孤高のさびしい人になって書いた曲といった感じの作品だが、音のバランスが美しく、和声そのものの魅力を存分に堪能できた。

 最後のシマノフスキはケタ違いのテクニックと表現力。クライマックスは怒涛の勢いで、しかし一瞬もコントロールが乱れることなく演奏された。

 期待を上回る素晴らしいコンサートである。もっと丁寧に書いておきたかったが、時間がないのが残念だ。明日、もう一度書き直すかもしれない。

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

音楽教室のクリスマス会

 今日はお世話になっている上田市の音楽教室のクリスマス会にお招きいただき、同市にあるカフェ・ド・グランピアというお店に行った。

カフェ・ド・グランピア


 店内には、YAMAHAのグランドピアノ「G1」が。(しかも木目!)

ヤマハグランドピアノG1 木目


可愛らしい生徒さんが、それぞれの曲を発表し、最後はきよしこの夜を合唱して終了。心温まるクリスマス会だった。

テーマ : ピアノ - ジャンル : 音楽

ピティナピアノステップ

 全日本ピアノ指導者協会(通称:ピティナ、PTNA)の長野支部が開催するピアノ・ステップという催しが昨日、長野県県民文化会館小ホールであった。毎年7月に行われるコンペティションとは違い、このステップは毎年秋に行われ、レヴェルも個性も年齢も様々な方々が出場する。出場者は、アドバイザーと呼ばれる3人の先生方に演奏を聴いてもらい、その場でアドバイスを書いてもらい、評価を受けるというものだ。今回の長野地区ステップには、稲生 勝尋先生(愛知県)、西畑 久美子先生(神奈川県)、松尾 英美先生(東京都)がいらっしゃり、熱心にアドバイスや講評をされていた。

 例年50組程度の出場者である長野地区ステップだが、今年は79組が出場した。その全てを集中して聴くことはできなかったが、特に印象に残ったのは、展開ステップ2に出た長谷川春菜さんという出場者だった。まだお若い出場者であるので、さらなる今後のご成長が楽しみだ。疲労も限界に近づきつつある最終部で、目の覚めるような素晴らしいピアノを聴かせてくださったことに感謝している。

 もちろん印象的なのは長谷川さんだけではない。昨日の79組のピアノには、それぞれの楽しみ方、それぞれの表現の仕方があって、こうした多種多様で重層的なピアノ演奏が同時に存在し得るというところに、ステップの醍醐味があり、また価値があると感じた。優れた技術による演奏を聴けば、他の参加者はあんな風に弾いてみたいという良い刺激になるだろうし、一生懸命歌おうとするピアノからは、技術だけでは到達できないものを感じることができると思う。

 来年がまた楽しみだ。

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

ベスト・オブ・クラシック | ピーター・レーゼルのピアノを聴いて

 昔からライヴが大好きで、CDを買うよりも多少粗くとも演奏会に出かけるほうが良いと思っている。生演奏固有の緊張感と、演奏者と会場が一体となっての呼吸感は、どんな高価なオーディオセットでも(いや最上級のセットを知らないので多分)実現できるものではない。時に全くの期待外れということもあるが、そうやって一喜一憂するのもまた愉しい。演奏会会場でどっさりもらう公演のチラシを眺め、来週はどれにしようなどと時間をかけて選んだりするのもいい。

 帰宅途中の車内でラジオをつけたら、ペーター・レーゼル氏のピアノリサイタルをやっていた。NHK-FMのベスト・オブ・クラシックという有名な番組で、平日は毎日夜の19時20分くらいから、ライブレコーディングした演奏会を流してくれる。演奏会に行く時間の取れない忙しいビジネスマンの味方だ。

 今夜のペーター・レーゼルはドイツの有名なピアニスト。この日の演奏も、打鍵は堂々と力強く、音は透明な美しさをもっている。またハイドン、ベートーヴェン、シューベルトという3つの大きなソナタを、感情面に頼ることなく、冷静に、実に真面目に描き分けていて好感触だ。残念なのは、ホールのせいなのか、ペダリングのためなのかは分からないが、音の濁る一瞬があることか。まあ、これもまたライブの醍醐味といえば気にならなくなる。

 レーゼル氏とは関係ないが、ベスト・オブ・クラシックのテーマ曲、あれは誰のなんという曲なんだろうか。気になって仕様が無い。

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。