スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴェルディ 歌劇「アイーダ」 | ナバダ指揮サンフランシスコ・オペラ

 デアゴスティーニさんの隔週刊オペラコレクション・・・・・・いつもお世話になっている業者の担当さんの発注ミスで、前回は2巻と3巻が同時に来たけれど、今度は4巻を飛ばして5巻が来た(汗)。でもおかげで今日はアイーダを観ることができた。4巻の蝶々夫人も観たいけれど。(ここで白状しますと、オペラについて、器楽や他の声楽に比べ私は全く詳しくないのです。比較対象とすべきモノサシに自信がないため、どれが良いのか、本当のところでは自信がないのですが。)

 今回のデアゴスティーニさんのアイーダも、ラダメス役にパヴァロッティが起用されている以外は、まったく知らない。オペラといえば、ウィーン国立歌劇場か、ミラノ・スカラ座だろうくらいにしか思ってこなかった私にとって、パッケージに印刷されているサンフランシスコ・オペラ管弦楽団というのを見た時から、今回は危ないんじゃないかというイメージを持っていた。デアゴスティーニさん、最初は飛ばしてたけれど、ついに5巻にもなると、採算重視かなどと失礼な勝手きわまる思いを抱いていたのだが、すみません。理屈抜きにとても素晴らしい内容でした。

 まずアイーダ役のマーガレット・プライス。はじめて聞くけれど、非常に貫禄のあるソプラノさんで、見事な声量と音域の幅を持っている。ウチの奥さんがいうには、アイーダのイメージからすると貫禄がありすぎるとおっしゃっていたけれど、その大きな歌唱力に感服である。1981年のパヴァロッティは全盛期のもので、キング・オブ・ハイ・Cの名にふさわしく、どんなアリアでも安定感を損なうことなく熱唱。ラダメスを初めて演じた録画ということもあり、新鮮な思いが伝わってくる。アムネリス役のメゾ・ソプラノ、ステファニア・トツィスカも、最初は目立たない歌手かと思いきや、シーンとアクトを重ねるごとに存在感を増し、素晴らしい歌を披露。最終的には、彼女のイメージが一番強く残るほど。アモナズロ役のサイモン・エステスも素晴らしい。ランフィス役のクルト・リドルも手堅い歌唱を見せる。

以下、あらすじ(ネタバレしてます)--------------------------------------
<第1幕>第1場
古代エジプト。敵対するエジプトとエチオピアの物語。エジプトの神官長ランフィスが、迫り来るエチオピア軍に対抗する軍隊の総司令官を選ぶお告げがあったという。それをきいたラダメスは、選ばれた男は幸せだ、自分が選ばれたいと歌う。ラダメスは囚われのエチオピアの奴隷、美しきアイーダに恋をしている。そこへファラオの王女アムネリスが登場。アムネリスはラダメスに一方的な恋心を抱いているが、鋭すぎる女の勘で、ラダメスがアイーダを愛しているのだと疑う。ラダメスは、「じ、自分は、ただ総司令官に選ばれたいと思って興奮しているだけでアリマス!」と答える。そこへいくら出番とはいえ、まったく空気を読まないままアイーダが登場。アイーダをみて表情を変えるラダメスをみて、いよいよ女の勘が冴えわたるアムネリス。アイーダは「い、いえ、私の故郷エチオピアが心配で・・・」と言葉を濁す。その後、国王(ファラオ)の前に伝令が登場。エチオピア軍がついにテーベまで攻め入られたことを告げ、国王は総司令官にラダメスが選ばれたことを宣言する。故郷への愛国心と、ラダメスへの思いとの間で悩むアイーダ。しかもアイーダは、エチオピア国王の王女なのであった。

 その後、全能の神フターの神殿でラダメスらは戦勝を祈願したり(第2場)、ラダメスの出征中に残されたアムネリスがアイーダに、「ラダメスは戦死した」という嘘でかまかけられて、ラダメスへの思いをバラされて激怒されたりと、いろいろあって、ついにラダメスの凱旋(第4場)。華やかな凱旋の祭りの中で、ラダメスはファラオから、どんな願いもかなえるといわれる。ラダメスは、まずとらえたエチオピア軍の捕虜を王の前に出させてほしいといい、捕虜たちが連行されてくる。居合わせたアイーダは、その中に父であるエチオピア国王アモナズロの姿を見つけ、思わず駆け寄る。そこでエチオピア国王アモナズロが娘に一言。

「私の身分を明かさないように!( ̄へ ̄」

なるほど、バレてはマズイわけではある。ただ、以下の状況をどうすればよいのだろうか。

<一般的なエチオピア軍の捕虜>
091026_2241~0001


<『ある特別な』エチオピア軍の捕虜>
091026_2242~0001

・・・・・・( ̄へ ̄;)

091026_2243~0001

少しはバレない工夫をしようよ!Σ( ̄口 ̄|||)

こんな状況にもかかわらずアモナズロは「あくまで王の側で戦い、王は深手を負って私の足元に倒れた」と歌いあげる。これをいきなり信じ込みコロっとだまされるエジプトの皆さん。あまりにお人好しである。アイーダと結ばれたいラダメスは、どんな願いもきくという王の申し出をいいことに、エチオピアの全ての捕虜・奴隷の解放を要求。しかし神官長ランフィスの諌言を受け、ファラオはアイーダとその父アモナズロを人質として残し、それ以外を解放する。ランフィス、お邪魔虫である。国王はどさくさにまぎれて、自分の娘アムネリスを褒美としてラダメスに与え、将来はエジプトをおさめるがいいなどと言い出し、当事者の思いをまったく無視して強制された婚礼への道筋が決まっていく。

<第2幕>
婚礼前夜。イシス神の神殿に婚礼前の祈りをささげるために、アムネリスが入る。神殿前に現れるアイーダ。まもなく現れるであろうラダメスを待ち伏せしているのであった。そこへ父アモナズロが登場。祖国では再戦に向けての軍備が整った。お前にホの字の総司令官ラダメスから、エジプト軍のいないルートを聞き出せ、さもなくば故郷のエチオピアは悲惨な最期となるぞと脅される。悩みぬいた末にスパイ行為を了承するアイーダ。そこへ父アモナズロが隠れているのも知らずに、ラダメスがやってきて、アイーダに愛を告げる。一緒に逃げましょうよと歌うアイーダに対し、名誉と祖国を裏切れないと歌うラダメス。しかし次第に懐柔されていき、ついには逃亡を決意する。すかさずアイーダは、どうやって逃げればいいのよ、エジプトの戦士のいないルートはどこ?と聞くと、ラダメスは「ナパタ渓谷」と答えてしまう。そこに物陰に潜んでいたアモナズロが現れ、自らをエチオピア国王であると明かし、そのルートで攻め込もう!と歌う。歌っている暇があるなら、ここでとっちめればいいだろうに「何という機密をもらしてしまったんだあ!」と嘆きながら素直に歌を聴くラダメス。その後、騒ぎをききつけた王女やら衛兵やらが登場し、アモナズロとアイーダは夜の闇に乗じて逃げ去る。祖国を裏切った罪は重いとして、潔くつかまるラダメス。しかしここで我々に重大な疑問が沸き起こる。エチオピアへ向かうエジプト軍がいないルートを使ってエジプトに攻め込もうというこの戦術、一見素晴らしいように見えるが、これでは戦闘が発生しない。エチオピア軍がエジプトを滅ぼしている間に、エジプト軍もまたエチオピアを滅ぼしているわけで、アモナズロ・・・・・・この人はやっぱり何も考えていないんじゃないでしょうか(汗)。

<第3幕>
これまでアイーダとの恋仲を妨害し、自らの権力でラダメスを手中に収めようとしてきたアムネリスだが、さすがに後悔の念でいっぱいである。その心中を切々と歌い上げるが、祭司たちによる裁判が始まる。三度、弁明をと言われるが、ラダメスは潔く「答えぬ!」と返答。ついに死刑が決まる。それは怒れる神の祭壇の下に生き埋めにされうというものだった。ついに祭壇の下の地下室に入れられるラダメス。運命の石が地上への出入り口をふさぎ、ついに生き埋めとなる。暗い墓の中で、人影を見つけるラダメス。それは先に入り込んでいたアイーダだった。二人は最期の二重唱「さらば大地よ、涙の谷よ」を歌いあげ、幕。
スポンサーサイト

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

ヴェルディ 歌劇「椿姫」 | ショルティ指揮コヴェントガーデン王立歌劇場

 ディアゴスティーニさんの隔週刊「オペラ・コレクション」。

・・・・・・発注の手違いで2巻と3巻が同時に来た(汗)。

 というわけで、今日は2巻目にあたるヴェルディ作曲の歌劇「椿姫」を観た。サー・ゲオルク・ショルティ指揮、コヴェント・ガーデン王立歌劇場によるもので、ヴィオレッタにアンジェラ・ゲオルギュー、アルフレード役にテノールのフランク・ロパード、ジェルモン役にバリトンのレオ・ヌッチという布陣である。


opera0002.jpg


 とにかくこの椿姫、主役ヴィオレッタ役の容姿がとても大切。病弱の美しい高級娼婦という設定だから、間違っても貫禄のあるソプラノでは面白みも半減してしまう。でも貫禄ある体格でないと、今度は声がダメなのだろう・・・という話を職場でしていたところ、職場のK女史が「声を響かせるには上体の、特に胸のあたりの空間が大切なのであって、それは体格と必ずしも一致するものではない」と教えてくださった。事実、このアンジェラ・ゲオルギューはスリムな容姿で素晴らしい歌声を響かせており、なるほどと思った。さすがは声楽科卒である。

以下、あらすじ(ネタバレしてます)-----------------------------
<第1幕>
 ヴィオレッタは美しい高級娼婦。ヴィオレッタ邸では華やかな夜会が開かれ、そこで貴族の息子アルフレードと出会い、愛の告白を受ける。自分のような女は相応しくないといいつつも、椿の花をアルフレードに渡すヴィオレッタ。椿の花がしおれたらまた会いましょうと誘う。つまり明日また会いましょうということらしいが、なんとも分かりにくい誘い方である。椿の花が頑張りすぎて明日もピンピンだったらどうするつもりなのだろうか。その後、二人きりになったヴィオレッタとアルフレード。ヴィオレッタは自らの職業と、アルフレードへの恋心との間で揺れるが、結局はアルフレードへの愛を選ぶ。

<第2幕>第1場
第2幕が始まると、二人は既に同棲を初めている。一見裕福な生活であるが、それはヴィオレッタが家財を売り払ってしのぐギリギリの生活だった。ようやくそれに気付いたアルフレードは、この恥辱を晴らすべく、家財を取り戻そうと出かけていきます。いくらなんでも鈍すぎである。独り家に帰ったヴィオレッタのところにアルフレードの父ジェルモンが突然登場(゜ロ゜ノ)ノせっかく決まりかけた娘の婚約だが、息子がアンタと別れて家に帰らないと破綻してしまうといって、ヴィオレッタに別れることを迫る。ヴィオレッタは逡巡の末、これ以上迷惑かけられないというわけで別れを決意。アルフレードの帰りを待たず、家を出ていく。そこへ帰ったアルフレードに、ヴィオレッタからの別れの手紙が届く。すかさず家に帰るように説得を開始するジェルモン。しかしアルフレードはヴィオレッタに捨てられたと思いこみ、復讐するために家を飛び出していく。・・・・・・鈍すぎの上に思い込み大魔王とは・・・。

第2場
ヴィオレッタの友人であるフローラの家で開かれる夜会。そこにアルフレードがやってくる。一方、ヴィオレッタも同じパーティーに男爵を同伴してやってくる。アルフレードが男爵にギャンブルで勝負を持ちかけて圧勝。手に入れた大金をヴィオレッタになげつけて、屈辱を味わせる。・・・・・・子供ですかっ!そこに父ジェルモンが突然登場Σ( ̄□ ̄;叱り飛ばされたアルフレードはなんということをしてしまったんだ・・・と初めて事の重大性に気付くとともに、やっぱりボクはヴィオレッタを愛してるんだと歌う。鈍すぎで思い込み大魔王の上に、勝手マンである。

<第3幕>
もとから病弱なヴィオレッタは持病の肺結核が悪化して、重篤な状態でベッドに寝ている。医者もさじを投げたところに、待ち焦がれたアルフレードがやってきて、愛を誓い合うものの、病状が悪化する。そこへ・・・・・・父ジェルモンが突然登場((((;゚Д゚)))二人が付き合うことを認めるが時すでに遅し。皆に看取られてヴィオレッタは死にます。鈍すぎで思い込み大魔王で勝手マンの上に、タイミングまで悪いとは・・・・・・ヴィオレッタがかわいそすぎじゃないだろうか。

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。