スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベートーヴェン 交響曲第9番ニ長調Op.125| フリート指揮・ベルリン国立歌劇場管(1929)

 リンクさせていただいている四季歩さんのブログ「音楽と薔薇の日々」を読んでいたところ、第九の記事が載っていて、そういえば今月はまだ一度も第九を聴いていないなあと思ったんです。そこで今日は四季歩さんの記事にも載っているフルトヴェングラー&バイロイト祝祭管を聴こうと思ったところ、ふと思い出しました。この演奏はLPで持っているのですが、2年前の引っ越しの際、レコードプレイヤー壊しちゃったままなのです。聴けないじゃないですか。(汗)というわけで、最近の演奏を聴こうかとCDを探したけれど、どれも今日の気分にしっくり来ず。そんな中見つけたのが、オスカー・フリート指揮、ベルリン国立歌劇場管弦楽団による1929年の録音でした。

ft_bee9.gif

 オスカー・フリート(Oskar Fried)は、1871年にベルリンで生まれ、1941年にモスクワで没したドイツの指揮者であり作曲家です。細かい説明はウィキペディア先生に任せるとしても、その人生は波乱万丈でした。小さい頃からヴァイオリンの才能を示すも、貧困から学校をやめなければならず、今度はホルンを習って楽師団で稼いだり、14歳を過ぎるとヨーロッパを旅してまわる流しのミュージシャンになって転々とし、「サーカスで、犬の調教師や道化師、厩番」までやったそうです。苦労したんですね。その後、なんとか管弦楽団のホルン奏者になれたり、何故か画家として再スタートしようとしてみたり、ほんと、どこへ行くのかわからないような人生を送っていたけれど、やっと曲が少し認められ・・・たかと思いきや、博打に手を出して文無しに。パリで貧困生活を送った後、ドイツに戻って、犬のブリーダーになって生活しながら音楽理論を勉強しました。その甲斐あってか、ついに彼の作品が「1904年4月15日に、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団とワーグナー協会により、カール・ムックの指揮の下に上演されて驚異的な大成功を呼び、夜が明けるとフリートは有名人になっていた。」とのこと。ようやく上昇気流となるのです。その後、マーラーの復活を指揮してマーラー自身を感激させるなどして親友となったり。第1次大戦の後、ベルリン楽壇が瓦解した後は外国への客演を中心に活動する傍ら、当時ちょうど勃興した電気録音によるレコード業界と結びつき、世界で初めてマーラーの交響曲全曲を録音。ベルリン国立歌劇場管弦楽団とともに、名演をSPに遺しました。


 210px-Oskar_Fried.jpg

 演奏は、とにかく早い。第1楽章のアインザッツから、聴衆に息つく暇を与えずに押しまくります。この叩きこむような演奏は、それでいて楽譜のオリジナリティに(当時としては)非常に忠実で、19世紀の名残は感じられません。録音状態もとても良く、フルトヴェングラーのようなエネルギーとはまた違った、独特の緊張感を持っています。特に特筆すべきは合唱団のうまさ。ここで起用されているブルーノ・キッテル合唱団といえば、かのフルトヴェングラーが何度も録音に起用した当時最高峰の合唱団で、分厚く力強い合唱を見事な水準で聴かせてくれます。一部、あまりの音痴に舞台から引きずりおろしたいソリストなどもおりますが、そのようなことが些細なことに感じられるほどに、素晴らしい演奏です。

[試聴]
http://ml.naxos.jp/album/8.110929
※会員でない方は30秒のみ。
スポンサーサイト

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

ベートーヴェン ヴァイオリン協奏曲ニ長調とピアノ協奏曲ニ長調作品61

 昨日の第4番に引き続き今日もベートーヴェンのピアノ協奏曲を聴いているのだが、一連の5曲以外にニ長調の作品があるとは知らなかった。と思ったら、有名なあのヴァイオリン協奏曲のピアノ編曲版のことであった。クレメンティのすすめにしたがってベートーヴェン自身が編曲したもので、オリジナルのヴァイオリン協奏曲とともに今日聴いている。

 一言で言って耳になじむのはオリジナルのヴァイオリン協奏曲だが、ピアノ編曲版である協奏曲も、何というか非常に自然である。もっともこの曲は元々ピアノ的な発想で独奏部が書かれてしまった(*1)とも言われているそうだから、自然なのは当然なのかもしれないが。またヴァイオリン版では演奏者に任せられていたカデンツをベートーヴェン自身が書いている(しかもティンパニを伴う!)というのも特徴だろうか。いずれにしても面白い曲である。

 ベートーヴェンはヴァイオリンとオーケストラのために、ニ長調の素晴らしい協奏曲を1806年に書いた。1802年の10月6日(つまり207年前の今日であるが)に、難聴への絶望からハイリゲンシュタットの遺書を書いて危機に陥っているが、1806年ということは、それを克服して充実した曲を書き続けた中期の作品ということになる。1804年のエロイカ交響曲、1806年のピアノ協奏曲第4番、そして1807年の、シューマンが「2人の北方神話の巨人の間にはさまれたギリシアの女神」と言わしめた(同意はできないが)あの交響曲第4番といった具合に、力強く、活気のある曲が生み出されている。ロマン・ロランがいうところの「傑作の森」の中の一つである。第1楽章の堂々たる威風、第2楽章の不滅の精神性、第3楽章の伸びやかな円舞曲。どこをどうとっても愉しみに溢れ、素晴らしい歌心が埋め尽くされている。

 ところでこのヴァイオリン協奏曲だが、随分と時間がない中で作られ、初演時にあたったヴァイオリニスト、フランツ・クレーメントは初見で演奏する羽目になったとか。初演の12月23日に対して、早くても11月下旬に取りかかったということが自筆譜に使用されているインクの研究から明らかになっている(*2)が、何とも忙しいスケジュールの中で、これほどの曲を一気呵成に書いてしまうところも、ベートーヴェンの尋常ならざる力。まさに「炎の作曲家」(*3)だ。

*1:Jonas, Oswald 1931
*2:児島新 「ベート-ヴェン研究」 p148-149
*3:kurt2氏 「エクアール3」よりベートーヴェンに関する記述

[試聴]リサ・バティアシュヴィリ(Vn)
第1楽章
http://www.youtube.com/watch?v=t_mAlyBKkPU
http://www.youtube.com/watch?v=r-CO3CMRRTQ
http://www.youtube.com/watch?v=AIH9y3OGCjc
第2楽章
http://www.youtube.com/watch?v=0RxCD2rC8NE
第3楽章
http://www.youtube.com/watch?v=e0aUNwiUkCg

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

ベートーヴェン ピアノ協奏曲第4番ト長調作品58

 ベートーヴェンのピアノ協奏曲といえば第5番「皇帝」であるが、5番を飽きるほど聴きこんだ頃に、1~4番に食指を伸ばして4番にハマったという方は多いのではないか。(・・・と勝手に思っている。)根拠などなく、ただ自分がそうだったからなのだが、この第4番には、永遠に聳え立つエンペラーにはない、ベートーヴェンの内面の世界というか、そんなものを感じずにいられない。結局今は5番よりもこっちの4番のほうが好きになってしまっている。

 穏やかに始まる第1楽章、伸びやかに歌われる第3楽章のロンド。どこまでも暖かな包容力とチャーミングなベートーヴェンの世界である。一方第2楽章は、二つの明るい楽章に挟まれた間で、一転して仄暗い。断固とした意志を感じさせる力強いオーケストラとは対照的に、独奏ピアノが奏でる音からは、ベートーヴェンの寂々とした心の森が広がる。たった6分程度で終わってしまうのが惜しいくらい良い曲である。そしてまったく関係がないのだが、結構な大音量で聴いているのに、うちのポコ、寝てる(汗)。


うちのポコ


 演奏はやっぱりフリードリヒ・グルダのピアノ、ホルスト・シュタイン指揮ウィーン・フィルだと思う。テンポも素晴らしく、グルダのピアノは、重々しくなりすぎず、感傷的になりすぎず、とても美しい。シュタイン指揮によるウィーン・フィルが最高にうまい。


[試聴]
※演奏は違うけれど、
クリスティアン・ツィメルマン(Pf)レナード・バーンスタイン指揮ウィーン・フィル

第1楽章:アレグロ・モデラート



第2楽章:アンダンテ・コン・モルト


第3楽章:ロンド、ヴィヴァーチェ


テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

ベートーヴェン ピアノ協奏曲第1番,第3番 | フリードリヒ・グルダ(Pf) ホルスト・シュタイン指揮 ウィーン・フィル

 これまでいろいろな演奏会を聴きに出かけてきたけれど、心の底から感動に震えたという経験は少ない。その少ない経験の一つが、今から14年前。確か1995年だったと思うが、地元長野市のお隣にある須坂市のメセナホールというところで開かれた、ホルスト・シュタイン指揮バンベルク交響楽団の演奏会である。何故、バンベルク響が長野の、それも須坂市で公演をすることになったのかは分からないけれど、地元では珍しいオーケストラのコンサート(今もそうだが普段プロのオーケストラの演奏会がまるでない。)、しかもバンベルクだというので喜んで出かけた。当日は非常に濃厚なプログラムで、前半がベートーヴェンの交響曲第6番「田園」。後半がR.シュトラウスの交響詩「英雄の生涯」。どれだけこってりしたプログラムかと思うけれど、最初の田園からして、もうどっぷり重厚なドイツの音。しかもオケのメンバーも、ホルスト・シュタインも、なぜかこの日、尋常ならざるやる気とパワーをみなぎらせていた。聴いているこちらも動悸は早まり、手に汗握り、感動に震え、気が付いたら、アンコールのマイスタージンガーの前奏曲だったという具合で、それなのにこの日の演奏は、細部を思い出そうと思うと、弦楽群の分厚い響き、木管の一本一本、金管の咆哮まで、良く思い出せるのである。誠に不思議な一夜であった。客電が付き、オーケストラがはけた後もいつまでも鳴りやまない拍手にこたえて、誰もいないステージにホルスト・シュタインが一人だけで出てきて胸に手を当てて拍手を受けていた姿が忘れられない。

 そんなホルスト・シュタインが昨年の夏に亡くなって1年とちょっと。今日はこの偉大なマエストロがフリードリヒ・グルダとウィーン・フィルという組み合わせでのこした、ベートーヴェンのピアノ協奏曲全集から第1番と第3番を聴いている。

beet_pf_zenshu.jpg

 ベートーヴェンのピアノ協奏曲は全部で5曲だが、今日聴いた第1番は実は2曲目のピアノ協奏曲。第2番のほうが、作曲が早かったのでややこしい。まあこの第1番といい第3番といい、真にベートーヴェンらしい風格と言えば第5番の「皇帝」だろうが、例えば第1番でも、古典派の枠内ギリギリのところで様々な個性的な試行がなされており、十分にベートーヴェンを感じ取ることができる。

 演奏のまず素晴らしいのは、グルダの明晰で粒のそろった音である。全ての部分がくっきりと浮き上がり、愉しく爽快な音楽を奏でている。神業ともいえるテクニックに裏打ちされた安定感ある演奏。奇を衒わないホルスト・シュタインの指揮に導かれたウィーン・フィルの豊麗なサウンドも見事である。


 ↓youtubeでみつけたアルゲリッチさんもスゴイ。

[試聴]アルゲリッチ(Pf)
http://www.youtube.com/watch?v=rZu0rq2qFSg

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

テンペスト、ヴァルトシュタインと交響曲第5番 | ベートーヴェン

 今日から新年である。昨夜は新潟の美味しい日本酒を飲みすぎたためもあって、11時過ぎまで眠ってしまった。深夜に食べ過ぎた年越しそばも相まって、二日酔いと胃腸の調子の悪さという二重苦がいまだに続いている。ううっ。


ロベルト・ベンツ ベートーヴェン ピアノ・ソナタ

[視聴]http://ml.naxos.jp/album/CTH2008


 さて今年の聞き始めは、やっぱりベートーヴェンのピアノ・ソナタであった。ナクソス・ミュージックライブラリーに最近参加したドイツのレーベル「Thorofon」からの一枚で、ピアノはロベルト・ベンツという人が弾いている。調べてみると、ベンツは1974年の第26回ブゾーニ国際ピアノコンクールの第1位で、ドイツ・マンハイム音楽大学大学院でも教鞭を執っており・・・・・・これ以上はグーグルでは分からなかった。

 曲はピアノ・ソナタ第17番「テンペスト」と、第21番「ヴァルトシュタイン」。いかにもドイツ人らしい、重厚で質量感のあるピアノを堪能することができる。硬質な音の粒が小手先でないベートーヴェンを作り出し、このベンツという人、相当すごい人なのではないかと感じた。(いや実際にもきっとすごい人なのだろうけれど。)ちなみにこのThorofonというレーベル、ナクソスの説明文によると「ドイツのBELLA MUSICA傘下のレーベル。アコーディオンのフッソングや指揮者の浮ヶ谷孝夫など、面白いアイテムが多い。レパートリーは相当マニアックである。音源は随時追加予定。」なのだそうで、今後が楽しみである。

 ベンツを聴き終えた後でNHK-FMをつけたら、指揮者のパーヴォ・ヤルヴィがドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメン(ブレーメン・ドイツ室内フィルハーモニー管弦楽団)を振った同じくベートーヴェンの交響曲第5番ハ短調作品67をやっていた。少し前にレコード芸術などの誌上で絶賛されていた一連の交響曲集のものだ。


ヤルヴィ ベートーヴェン第5番


 快活でエネルギッシュなベートーヴェンで、速度もガーディナーなどの古楽器演奏に並ぶほど速い。ただ古楽オーケストラとの大きな違いは、現代楽器で古楽奏法を徹底的に取り入れている、同フィルの魅力だろう。歯切れよく、刺激的であることは似ているのだが、同時にドイツ・カンマーフィルの音はしなやかでドラマに溢れている。どんなに速くても、細部に至るまで1音も蔑ろにしないヤルヴィの丁寧な音作りに感銘を受けた。

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

やっぱり第九 | レナード・スラットキン指揮 NHK交響楽団

 例年に増して忙しい日々が続いていたため、今年はじっくりと腰を落ち着けて音楽を、という雰囲気がまるでなかった。そのためか、第九を聴くという風になかなかなれず、気がついたら大晦日である。やれやれ、これで今年は終わるのかと思っていたら、NHK教育で第九の演奏会をやっていた。12月27日にNHKホールで行われたもので、レナード・スラットキン指揮、NHK交響楽団によるものだ。

 第一楽章からスラットキンの端正な棒が冴えていてとても清潔な演奏。くっきりはっきりとした輪郭がN響のサウンドととてもよく合っていて、ああこういう第九もあるんだなあと新鮮だった。第2楽章の難しいスケルツォも歯切れのよいスピード感で爽やかに過ぎ去り、第3楽章は見事なアンサンブル。そして第4楽章、今年のソリストは、テノール以外が日本人という構成だったが、特に興味をもったのはバリトンの甲斐栄次郎氏だ。不勉強のためこれまでまったく存じ上げず、今日もどんな方なのだろうくらいにしか思っていなかったのが、最初のソロから、そのうまさに仰天。抜群に安定感のある歌唱力で、生気みなぎる歌声を響かせた。調べてみると熊本市出身で今はウィーン国立歌劇場で活躍されているとのこと。知らなかったのが恥ずかしい。

 結局、この年の瀬も第九を聴いてしまった。(汗)

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

ベートーヴェン 交響曲第1番ハ長調作品21

 ベートーヴェンの交響曲第1番をクルト・マズア指揮、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団のCDで聴いた。先ほどのセットの1枚目である。

 ベートーヴェンは30歳になる年、つまり1800年に最初の交響曲をハ長調で書いた。この時期、ベートーヴェンは「弦楽四重奏曲などの作曲から合奏曲の書き方も学び、ハイドン、モーツァルトら古典派の作曲技法を吸収し、自らの技術として身につけた。交響曲第1番は、ここで学んだ技術のまとめとして、1799年から1800年に作曲されたものと考えられている。」という旨がWikipediaにも書いてある。曲全体はベートーヴェンらしさとともに、30歳とは思えない若々しさと、先輩達の響きがする・・・のだが、この曲、下属調であるFの和音ではじまっている。やっと主調が現われるのは、さらに少し先。つまり、先達の伝統のまとめのつもりが、

全然まとまってない。(汗)

さすがはベートーヴェンである。期待を裏切らない。

 演奏はマズアらしく中庸で標準的な内容。それ以外に言いようがない。

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

ベートーヴェンの主要作品集

NHK-FMをつけたら、ブラームスのクラリネット五重奏曲が流れていた。
演奏はザビーネ・マイヤー・・・少し残念だ。

というのも、昔からどうも自分としては苦手なタイプの演奏家だったりする。テクニックはあるのだが、音が硬いというか、冷たいというか、使っている楽器のせいでもあるのだろうけど良さが分からない。一般的にはとても評価されている奏者であるし、となると自分の鑑賞力がまだまだということだろうか(涙)。今日聴いた演奏も同じで、やっぱり今回も・・・と残念がっているところに、佐川急便が来た。

何だろうと思って箱を開けると、ブリリアント・クラシックスが前に出した「ベートーヴェン主要作品集」(100枚組)だった。奥さんによると、少し早いが私への誕生日プレゼントなのだという。

これは嬉しい(><;)!!

早速中をみると、交響曲全集に始まり、各種の協奏曲、ソナタ、弦楽四重奏曲、歌曲、合唱曲などズラリと並んでいる。しかも最後の15枚は、歴史的録音集となっており、フルトヴェングラー、クレンペラー、カラヤン、E.フィッシャー、ギーゼキング、シュナーベル、コルトー、カザルスなどなど、そうそうたるラインナップである。これが2万円程度で購入できたというのだから、良い時代になったなあとつくづく思う。

ブラームスには申し訳ないのだが、今日はベートーヴェンを聴くことにする。

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

ベートーヴェン 2つのホルンと弦楽四重奏のための六重奏曲

休みの日にはだらだらとつけてみようと思ってはじめたこの日記だが、休みそのものが少ないためか、ちっとも進まない。それでも今日は久しぶりの休みが取れたので、日ごろの疲れを癒すべく、今日は一日ゴロゴロしていた。

さきほど何気なくつけたネットラジオの「オッターヴァ」から、ホルンが入った室内楽が流れてきた。ベートーヴェンの「2つのホルンと弦楽四重奏のための六重奏曲」という曲なのだそうだが、当然聴いたことなどない。ベートーヴェンはとても好きな作曲家ではあるし、それなりに聞き込んできたと思っていたが、いろいろな曲を書いているのだなあと感じた。

ただ(オッターヴァを聴くときはよく思うのだが)第3楽章だけで終わってしまったこと。
どうせならばもっと聴きたかった・・・と考えていると、そういえばオッターヴァはナクソスの音源を使っているんじゃなかったか?と思い出し、もしかするとナクソス・ミュージック・ライブラリーで聴けるかもと思い、試してみた。

発見!
http://ml.naxos.jp/?a=8.553090

美味しい。
ただでさえベートーヴェンの弦楽四重奏は魅力的であるのに、そこにホルンがしかも2本も入っているなんて、貧乏性の私としては、それだけでお得な気持ちになってしまう。ホルンが伸びやかに歌い、弦楽四重奏が時にソロの妙味を出し、時にオーケストラのように響き、特に3楽章の快活なロンドなどは、協奏曲のようでもある。

解説の林田氏曰く、ホルンを楽しむのは、例えるならばウイスキーをオン・ザ・ロックで楽しむことに似ているとのこと。
確かにホルンは大人な楽しみなのかもしれない。

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。