スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カゼッラ 交響曲第1番ロ短調Op.5

 10月も今日で終わり、今年もあと2ヶ月。今年はと言えば、フレデリック・ショパンとローベルト・シューマンの生誕200年という年でしたが、そろそろ来年は・・・と考え出したのが一週間ほど前。多分、1歳違いのフランツ・リストあたりが200年になるんだろうと思うけど、ロマン派以外で何かないかと探しているうちに、見つけました。

 ヴィヴァルディ生誕270年。

 かなり微妙・・・( ̄へ ̄;
 
 まあそんなわけであまり熱心ではなくヴィヴァルディ関連のウェブなどをパラパラと見ていると、そこにイタリアの作曲家カゼッラの文字が。というわけで、今日はカゼッラの曲のお話です。


Casella Sinfonia No1


 アルフレード・カゼッラは、1883年にトリノで生まれ、1947年にローマで没したイタリアの作曲家。イタリア人作曲家の場合、この1880年代というう生年は重要で、傾向としては、これまでのイタリアの作曲家=オペラの作曲家という従来のイメージを覆し、器楽作品をたくさん書いた。よく「La generazione dell'ottanta」とまとめられる同世代には、ローマ三部作などで知られるあのオットリーノ・レスピーギや、ピツェッティなどがいます。生まれは1975年生まれだが、フランコ・アルファーノといった人も入るようです。(*1)

 さてこのカゼッラの書いた曲、これまでほとんど聞いたことがなくて、今日聴いた交響曲第1番もはじめて。22歳の若さで書かれた曲とのことなんですけど、最初の交響曲で「ロ短調」だなんて。いえ、これは個人的なイメージの問題かもしれませんが、ロ短調というとどうしてもバッハのロ短調ミサの世界が出てくるんです。だからなんというか響きに苦しさとか困難とかといったイメージを感じることが多いので、それを22歳の若さで使ってしまうってスゴイ人だなあと思うんです。クラシック以外だってロ短調は、吉幾三さんの「雪国」でしょ、それに「天城越え」でしょ、なんだかみんな苦労してるじゃないですか。いえ、私一人が勝手に感じてるだけなんですけども(汗)。

 あ、すみません。カゼッラのハナシでした(汗)。いえ、ホントに初めてきいたんですけども、感想は

 こんないい曲なんで今まで知らなかったんだろう。

 クラシック音楽ですから、当然好みの問題もあるとは思います。でもこの3楽章から成る演奏時間45分程度の交響曲は、私にとっては全てがツボなんです。ど真ん中ストライクです。三球三振で三者凡退っていうくらい良い感じです。(※個人の主観が過分に入っております。)第1楽章の冒頭、静かな低弦が鳴りだした後、次第に激しく大きな音楽となっていきます。第2楽章は打って変わった美しさに心を奪われます。第3楽章の神秘的な冒頭が鳴りだしたところで部屋に入ってきた奥さんが、神秘的なサウンドを聴いて「映画?SF?」と目をキラキラさせてやってきたので、「20世紀の交響曲」と答えると、「ムチョー!!」と叫んで逃げていきました。でも途中で「あれ?無調じゃない?」とホッとして戻ってきました。その後に続く管弦楽によるコラールの豊かで美しいこと・・・まるでオルガンのようです。これ、ウィーン・フィルがやってくれたらどんなに天上の音楽になるでしょう。

 CDを探したところ、今日聴いたフランチェスコ・ラ・ヴェッキア指揮、ローマ交響楽団のものしか出ていないようです。今後、演奏・録音が盛んになり、多くの名演が生まれますように。


[第1楽章 - 前半]
http://www.youtube.com/watch?v=ivBnnP8DVpc
[第1楽章 - 後半]
http://www.youtube.com/watch?v=ASyLX4JYjnY
[第2楽章 - 前半]
http://www.youtube.com/watch?v=CpKj1KofnfY
[第2楽章 - 後半]
http://www.youtube.com/watch?v=N9RLJUoDQ4Y
[第3楽章 - 前半]
http://www.youtube.com/watch?v=6n19Cl1xx7U
[第3楽章 - 後半]
http://www.youtube.com/watch?v=5K1cPGuPGoE

(Cf)
*1:http://www.rodoni.ch/malipiero/milagenerazione80.html
スポンサーサイト

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。