スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

R.シューマン 「暁の歌」Op.133 | ピョートル・アンデルシェフスキ(Pf)

 ピョートル・アンデルシェフスキというピアニストについて、「音楽の友」、「ムジカノーヴァ」、「ショパン」といった月刊誌が、最新号にあたる8月号で取り上げている。先月に来日した演奏会の評価が高かったことが一番の理由だろうが、この人のライブ録音を今日Youtubeで見つけるにあたり納得した。 

 曲はR.シューマンの「暁の歌」Op.133の第5曲(最終曲)。シューマン最晩年の1853年、しかも彼が精神を病む直前に完成させた最後の曲である。この曲を完成させた翌1854年、精神錯乱に陥ったシューマンはライン川へ飛び込むのである。


暁の歌1


暁の歌2


 「森の情景」や、この「暁の歌」など、最晩年に書かれたピアノ作品を聴いていると、この法学部卒の作曲家は、その音楽家としての出自に由来するアマチュアリズムと、枠に収まりきらなかった自身の天才とのはざまで、独り、いったいどこにたどり着いたのだろうと思う。それほどに痛々しくも美しいシューマンの思いがある。

 アンデルシェフスキの演奏は、聞き手に朴訥と自己の内面を語りかけてくる。最初はとりとめのない話に聞こえるが、気がつくといつのまにか演奏者と一対一でしっかりと向かい合っているのである。それゆえに受け取るメッセージも内面的で個人的な深さがあって、各誌が取り上げているアンデルシェフスキの固有性・特異性というのはこうしたものなのだろうかと思う。漂白された世界の中で、シューマン、アンデルシェフスキ、そして聴き手という三者だけが存在している。




http://www.youtube.com/watch?v=Jk8pskJ-7e4


ピアニシモの美しさが耳に残る。


スポンサーサイト

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

その他???

少し前にプリンターを買った。
めったにしないユーザー登録をしようとなぜか思った。
でもって、某エプソンさんのユーザー登録画面で思った・・・。

性別:その他





テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

J.S.バッハ 「マタイ受難曲」BWV244 | リヒター指揮ミュンヘン・バッハ管(58)

 今年も「レコード芸術」誌が5月号と6月号で恒例の「名曲・名盤」特集をやっていたが、その5月号に、私の愛してやまないJ.S.バッハの「マタイ受難曲」に加え、ロ短調ミサ曲と、ヨハネ受難曲まで載っている。音楽評論家の投票によって順位が決まるというこの企画であるが、ここで目を引くのは、バッハの3大宗教曲ともいえるこれら3つの大作の全てにおいて、カール・リヒター指揮ミュンヘン・バッハ管弦楽団の盤が、極めて順当な評価を得て1位を独占していることである。これは普段ならば目を引くことでは決してない着地である。「鍵盤ならグールド、マタイならリヒター」という、バッハ演奏の評価としては極めて教科書的な結果。でも今年は、そうした驚きがなく面白味のない評価が逆に新鮮に感じられた。そろそろ古楽アプローチの盤、ガーディナーなりレオンハルトなりアーノンクールなりといった面々が1位を牛耳っても・・・くらいに思っていたからだ。

 そういえば少し前に「古楽全盛」と書いたことがあったけれど、確かに猫も杓子も古楽器を使ってという時期は既に過ぎ去っている。むろん今後も、古楽アプローチに影響を受けた潮流は続くだろうし、そのこと自体は個人的に大歓迎である。ただオーセンティシティというものを安直に考えすぎ、単純に作曲家との同時代性を模したただけとか、当時の演奏を再現しただけというような演奏は、今後ますます淘汰されていくのだろう。むろんこれは当然のことで、我々は「現代の」聴衆なのだから、そうしたことは音楽ではなく博物館に任せておけばよい。1950年代から60年代に録音されたカール・リヒターの演奏が今日も色あせることなくその普遍性が評価されていることを見ると、現代楽器によるアプローチにしても、ピリオド・アプローチにしても、要となるのはmusizieren......「音楽する」という普遍的なことであると改めて感じたしだいである。

 さて大バッハが書いたこの「マタイ受難曲」について。バッハ全作品の中でも最高峰と呼ばれるこの曲は、不朽の大作というにふさわしい貫禄と内容を持っている。一言でいえば、「大きく二部(通常68曲)からなる。第一部は29曲、イエスの捕縛までを扱う。第二部は39曲、イエスの捕縛、ピラトのもとでの裁判、十字架への磔、刑死した後、その墓の封印までを扱う。物語でありながら、一方で精緻な音楽的構造を持った作品でもある。」(ウィキペディアより引用)

 第1曲目がまずもって素晴らしい。冒頭、沈痛なホ短調の響きとともに、十字架を背負って歩くキリストの足取りのような重々しい通奏低音が奏でられる。そして私はいつも、冒頭のこのEの音が鳴り響く瞬間から、荘厳な音の伽藍と、凄絶な物語の中へと吸い込まれていく。

マタイ受難曲01

 曲は重厚な響きを保ちながら対位法的に進んでいき、やがて合唱が現れる。その合唱も左右に分かれ、そこに「神の子羊」を歌うボーイソプラノが加わって9部の(!)大合唱へと発展し、「als wie ein Lamm(子羊のように)」の言葉で終わるのである。

マタイ受難曲02

 なんと壮大で、なんと素晴らしい、人類の宝物なのだろう。この曲を前にして、余計な言葉はいらない。ただひたすらに彼方に連れ去られるのみである。

 数ある演奏の中で、やはり最高峰に輝くのはリヒターだろう。(もう一つメンゲルベルク盤があるが、それはまたの機会に書くことにする。)キリストの受難を、一切のオブラートに包むことなく、徹底的に厳しく追求している演奏は、50年以上経つ今も色あせることはない。


カール・リヒター指揮ミュンヘン・バッハ管弦楽団
J.S.バッハ「マタイ受難曲」より第1曲





テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

日食!

 たたた、大変である。今日は日食である。

 皆既日食となるのはトカラ列島など南方の島々であるが、長野でも結構な勢いで部分日食が見られるという。これは何としてでも見なければなるまい。心配なのはこの曇天の空模様・・・長野は9時52分から始まり11時がピークだというが、晴れて欲しいものである。

 ところで日食になると、気温が下がったり、暗くなったり、動物達が騒ぎ出したりすることもあるという。

 ・・・・・・ウチのポコ、大丈夫だろうか。心配である。

 さらに国立天文台のホームページによれば、観測にあたって絶対にしてはいけないことがあるという。以下、抜粋して引用である。

1.肉眼で直接太陽を見る(数秒でも危険です)
2.下敷きやCDを使う
3.サングラスやゴーグルを使う ・・・など。


 直接見てはいけないし、黒い下敷きもサングラスもダメ・・・・・・ならばどうしたらよいというのだろうか。

 ・・・と思いきや・・・

 ふっふっふっ。二週間も前からちゃんと用意していたのである。


日食めがね

 日食めがね!

 これ高かったのである。日食見るしか用はないのに、1500円もしたのである。しかも最後の2個だったのである。だからこそ今日は晴れてくれないと困るのである・・・・・・でもまだ一度も試してみたことがないから、使う前の心の準備ができていないんだけど、あ、でも、こんなことをしているうちに時間となってしまったから、見なくちゃいけないのである。。。

 恐る恐る日食めがねをかけて太陽を見ると・・・・・・。



 見えた!



日食



 日食である。すごいのである。太陽が半分以下のサイズに欠けてまるで三日月のようなのである。

 ・・・・・・感激・・・である(><;;



 それにしてもうちのポコ・・・。


ポコねてる



 寝てる∑( ̄口 ̄;



テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

ホロヴィッツ モスクワ・ライヴ1986 | ウラディーミル・ホロヴィッツ(Pf)

 「舌の根の乾かぬうちに」・・・というわけではないのだが・・・。

 少し前にルービンシュタインについて書いたし、それはルービンシュタインこそ素晴らしいというような内容だったけれど、今日はホロヴィッツを聴いている(汗)。そして何より思うのは、やっぱりホロヴィッツこそ素晴らしいということである。

 ・・・・・・やはりこういうのを「舌の根の乾かぬうちに」というのだろう(汗)。
 舌といえば、かの巨匠もドーバー海峡の舌ビラメの料理が大層好物だった・・・まったく関係ないが。

ホロヴィッツ・ライヴ・イン・モスクワ1986


 ウラジーミル・ホロヴィッツについては、今更語る必要がないというほど有名な20世紀の巨匠である。1903年にウクライナ(当時のソ連邦)に生まれ1989年に没したアメリカのピアニスト。神経質で常に癇癪を起す変人などともいわれるホロヴィッツであるが、一方で12年ぶりの彼のコンサートのチケットを買うために長蛇の列を作ったファンのために、食品販売用のワゴン車を繰り出して、人々がただでコーヒーとドーナツにありつけるよう手配した(フランツ・モア著「ピアノの巨匠たちとともに」音楽之友社)など心温まるエピソードもある。愛用のピアノについては、抵抗がなく非常に軽く、でも戻る力は非常に強い鍵盤を好んだという。また「ホロヴィッツ・トーン」といわれる彼独特の音色と、完璧にピアノを制御しきる最高度のテクニックによって繰り出される名演奏の数々はそのほぼ全てが神がかっている。名実ともに20世紀最大のピアニストといえるだろう。

 そのホロヴィッツが1986年4月20日に、82歳にして61年ぶりの帰郷を果たした記念すべきモスクワでの演奏会の録音を今日聴いている。曲目は以下の通り。

------------------------------------------
1. ソナタ ホ長調K.380(D.スカルラッティ)
2. ピアノ・ソナタ第10番ハ長調K.330(モーツァルト)
3. 前奏曲ト長調op.32-5(ラフマニノフ)
4. 前奏曲嬰ト短調op.32-12(ラフマニノフ)
5. 練習曲嬰ハ短調op.2-1(スクリャービン)
6. 練習曲嬰ニ短調op.8-12(スクリャービン)
7. ヴァルス・カプリス第6番 ウィーンの夜会(シューベルト/リスト編)
8. 巡礼の年第2年「イタリア」~ペトラルカのソネット第104番(リスト)
9. マズルカ嬰ハ短調op.30-4(ショパン)
10. マズルカへ短調op.7-3(ショパン)
11. 「子供の情景」~トロイメライ(シューマン)
12. 花火op.36-6(モシュコフスキ)
13. W.R.のポルカ(ラフマニノフ)
------------------------------------------
[試聴]
http://listen.jp/store/album_00028941949929.htm
※なぜかIEでないと正常に聴くことができないようだ。


 最初のスカルラッティが鳴りだすと同時に、ああ、やっぱりホロヴィッツの音だと実感する。少し鼻にかかったホロヴィッツの音色。「モーツァルトはロマン派のように弾き、ショパンは古典派のように弾く」という彼の言葉通り、甘くロマンティックなモーツァルト。続くスクリャービンは絶品である。ホロヴィッツを聴いていていつも思うことだが、フォルテよりもピアノ、特に最弱音をどうしてこんなに美しく、鮮明に、絶妙の音色とコントロールで出すことができるのか。音量が物理的に小さくなるという以外、何も損なわれるものがない。10本の指から、まるでオーケストラのように、色鮮やかに変幻する極彩色の音色が紡がれ、良い意味でこちらの予測を裏切る音楽が、否応なしに聴き手の私を惹き込んでいく。これを恣意的な解釈だとか、批判することはいくらもできよう。だが私は、そんな難しいことを抜きにして、彼の音楽が大好きである。

 余談だが、この演奏会はシートのほとんどを政府関係者や大使館関係者などが占めてしまい、一般に売り出されたのは僅かに400枚程度。モスクワ音楽院の学生たちがチケットを手に入れられないときいたホロヴィッツは、全員をリハーサルに招待し、しかもそこでリハではなく、本番をやったという。何と気難しくも愛すべき巨匠なのだろうか。

 ルービンシュタインに続いて、この素晴らしいCDを渡してくださったF女史に感謝しつつ、今宵は無性にうまい舌ビラメと発泡性のワインが食べ(飲み)たくなってきた。

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

なんだろう?

店の前の道路が物々しいことになっている。
封鎖されてしまったみたいだ。。。

交通封鎖


テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

ショパン ノクターン | アルトゥール・ルービンシュタイン

 ラプソディーのことを「狂詩曲」といってみたり、ソナタを「奏鳴曲」といってみたり、音楽用語の和訳には疑問を感じるものも少なくないが、この「夜想曲」についてはとても気に入っている。夜を想うのか、夜に想うのかはこの際どちらでも良い。ノクターンをこんな素敵な言葉に訳した人は素晴らしい。

 今夜は久しぶりにショパンを聴いている。こんなにショパンを繰り返し聴きこんだのは、学生時代以来かもしれない。実は昨夜飲みの席上で、同じ職場の方が、私が以前から聞きたいと言っていたショパンのノクターン集のことを覚えていてくださって、持ってきてくれたのである。演奏はかのアルトゥール・ルービンシュタイン。20世紀の前半から中頃にかけて、全世界の人気をライバルのウラディーミル・ホロヴィッツと二分した天才ピアニスト。その演奏は一つの極みである。


ショパン ノクターン


 実は昔から、ホロヴィッツの演奏こそ素晴らしいと感じてきた私は、これまでルービンシュタインのノクターンをろくに聞いたことがなかった。ただこの65年盤が素晴らしいことは色々な紙上で読んできたし、いつかはきちんと聴いてみたいと思っていた。それがF女史の親切のおかげで訪れることになろうとは想像だにしていなかったが、一度聴いてみると、もっと早く聴いていたら良かったと思った。それほどに素晴らしい。

 ルービンシュタインのピアノは、よくオーソドックスだとか自然体だとか言われるけれど、それは単なる無個性というわけではない。濃厚な感情を生々しく露出させるホロヴィッツとはまるで正反対の音楽ではあるが、彼の奏でる音楽は、聴けば聴くほどに味わいが出てくる。そうした仄かな味わいが舌の上にいつまでも残り続け、やがて気づくといつのまにか豊かな感動と典雅さに包まれているといった、そんな演奏である。まるで美味しい昆布を時間をかけてかじっているような・・・・・・いや、ちょっと例えが変かもしれないが(汗)。

 でもこうしてみると、先ほど「もっと早く聴いていたら良かった」と書いたけれど、実は今このタイミングで聴けたことが良かったのかもしれないと思い直した。というのは、私がショパンを徹底的に聴き込んでいたのは大学時代。今思えばあの頃はまだショパンの音楽の、ごく表層をなぞっていただけのようにも思える。つまりショパン作品のごく浅いところを覆っているロマンティックな雰囲気だけを求めていたように思うし、その表皮を剥いたところにある、彼の音楽の奥底・・・点と線によって構築され、水墨画のようなモノクロームの世界に存在する枯れた境地・・・といったものには到底たどり着けなかったように思う。そう考えると、ホロヴィッツの演奏というのは入門者から上級者まで良くも悪くも幅広く対応できるマルチなところがあるが、一方でルービンシュタインの弾くショパンというのは、その時点では良さを感じたつもりでも、実はまだまだだったとか、経験するごとにより深みに至っていくというような、いわばショパンの音楽そのものみたいなところがある。この調子でいくと、10年後は今では味わえない魅力に包まれているだろうし、30年後、40年後などに至っては、一体どんな幸福が待っているのだろう。

 素晴らしい音楽を紹介頂いたことに感謝しつつ、更けゆく夜に物思う。


[試聴]Amazonのページで試聴できる
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%91%E3%83%B3-%E5%A4%9C%E6%83%B3%E6%9B%B2%E5%85%A8%E9%9B%86I-%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%93%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3-%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%BC%E3%83%AB/dp/B00005EGW7

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。