スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルックナー 交響曲第5番変ロ長調 | フルトヴェングラー指揮/ベルリン・フィル(1942)

 非常に残念なことに最初聴いた時、この演奏の素晴らしさに気づくことができなかった。だがその後、ギュンター・ヴァント、オイゲン・ヨッフム、カール・シューリヒトといったブルックナーを得意とする指揮者の盤を聴いたりするうちに、最初に聴いたこの演奏は実は凄かったんじゃないかと思うようになり、今日、改めて聴きなおしてみた次第である。フルトヴェングラーが第二次世界大戦下の1942年の10月25日に、ベルリンのハーモニーザールにてベルリン・フィルハーモニー管弦楽団と行ったライヴ録音である。

 ブルックナーの交響曲第5番は、国によっては「ゴシック」という愛称が付けられているようだが、実際に聴いてみるとまさに堂々とそびえたつゴシック建築のような趣がある。全体を貫くのは一切の大衆迎合的な要素を頑なに拒むブルックナーの精神であり、ブルックナーそのものだ。決して聴きやすいとはいえないが、特に全体に網の目のように張り巡らされた動機と対位法による複雑な構造を理解すると、この曲を聴く喜びは格段に増すことと思う。最初はスコアを見ながら聴いてみるとよいのかもしれない。というのも、このフルトヴェングラーの演奏こそ、スコアのあるなしで、私にとっての意味が変わった演奏だった。

 ヴィルヘルム・フルトヴェングラーは、1886年に生まれ1954年に没したドイツの指揮者である。20世紀が生んだ天才指揮者の中でも、これほど今日まで熱狂的なファンを獲得し、評価を受ける指揮者もいないだろう。カラヤンに代わるまで、ベルリン・フィルの音楽監督として数々の名演を繰り広げ、バイロイトで行ったベートーヴェンの第9は伝説的な名演といわれている。

フルトヴェングラー

 それなのに、である。このフルトヴェングラーが指揮したブルックナーの演奏というのは、いまひとつ評価されていない。よく言われるのがフルトヴェングラー特有の、あのリズムの揺らしである。時にたたみかけるようにアチェレランド(加速)したり、逆に一気にリタルダンド(減速)したりといった演奏が、深い信仰心を持ちつつ大自然や宇宙そのものを表現したブルックナーには人為的過ぎるなどといわれる。実はかくいう私も、ある時分まではそのように思っていた。ところがある時、スコアを手にしてこの音楽をじっくりと聴いてみると、これは実に考えられた、加速なり減速なりであることが分かった。例えばディミヌエンドと楽譜にあるところでのリタルダンドや、逆に急加速の後の静寂。これなど、ブルックナーの原典版を深く読み込んだ人間でなければできない、あまりに自然なリズムではないか。これまでフルトヴェングラーの振るブルックナーについて、いかに皮相的な感受しかしてこなかったのだろうと、深く反省した。

 10:25あたりから始まる第1楽章247小節からのアダージョ。わずか12小節の、比類ない弦の美しさとフルート。
ブルックナー交響曲第5番第1楽章
ブルックナー交響曲第5番第1楽章2

真っ赤に燃えあがる終楽章564小節目からのコーダ。
ブルックナー交響曲第5番第4楽章

 今更ながら思い出したのだが、以前このブログでも取り上げた朝比奈隆氏の回想を読んだ時、朝比奈氏がフルトヴェングラーと面会した時に「原典版でやらなくては」ということを言われたとの記述があった。フルトヴェングラーこそブルックナー音楽の真実の姿を描き出そうとした人だったのだ。リズムを揺らすとか、そういった枝葉末節にこだわるべきではない。この生気漲るエネルギッシュな演奏もまたブルックナーである。そうした聴き方があってもいいんじゃないか。

[試聴]
http://ml.naxos.jp/work/307407

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

コメント

はじめまして

私は、まず朝比奈隆さんが好きになり、
朝比奈さんが指揮するブルックナーを聞く
という入り方をしたので、
フルトヴェングラー指揮のブルックナーは
まだ持っていません。

ただ、フルトヴェングラー指揮のベートーベンは
わりと持っています。
特に定評のある「第九」は良いと思います。

なので、フルトヴェングラーは好きです。

これから、よろしくお願いします。

Re: はじめまして

四季歩さん、はじめまして!コメントありがとうございます(^^

朝比奈隆さん、本当にすごい方ですよね。指揮者としての活動以外にも、人間としての懐の深さを感じます。私も尊敬する指揮者の一人です。

なんというか、これまで読んだ中で、、特に名曲名盤紹介の類の本には、フルトヴェングラーのブルックナーはよくなくて、一方で朝比奈氏やシューリヒト、クナッパーツブッシュ、ヨッフムのブルックナーこそ正しいというような記述が多く、確かにスゴイ演奏をしているし、そこで得難い経験を得たことは自分の人生の宝物だと思っています。でも、他の聴き方は間違いであるというような論調をみると、そうなのかなあ、それだけなのなかなあという思いも募っていました。それで思い切って書いちゃいました(汗)。

こうしてコメントいただけて本当にうれしいです。
今後ともよろしくお願いします(^^

No title

こんにちは
フルヴェンのブルックナーは、たこさんの仰るとおり「リズムの揺らし」が気になります。
(ただ、8番しか聴いたことがないです...^^;)
また、ブルックナーの本来の姿をフルヴェンが表現したのかもというたこさんの意見も分かる気がします。
フルヴェンの5番聴いてみようと思います。

今頃のコメントですみません^^;

Re: No title

kurt2さん、こんにちは!
お返事遅くなり申し訳ございません。

私も前はある有名な先生のブルックナーについての文章などに感化されすぎており、こんな人為的な演奏はダメだとばかり思ってました。でも最近、ブルックナーの聴き方というのはもっと多様性があるんじゃないかと思うようになり、聴いてみたんです。良かったです><;;

前の記事も読んでくださってありがとうございます!^^
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。