スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベートーヴェン 交響曲第1番ハ長調作品21

 ベートーヴェンの交響曲第1番をクルト・マズア指揮、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団のCDで聴いた。先ほどのセットの1枚目である。

 ベートーヴェンは30歳になる年、つまり1800年に最初の交響曲をハ長調で書いた。この時期、ベートーヴェンは「弦楽四重奏曲などの作曲から合奏曲の書き方も学び、ハイドン、モーツァルトら古典派の作曲技法を吸収し、自らの技術として身につけた。交響曲第1番は、ここで学んだ技術のまとめとして、1799年から1800年に作曲されたものと考えられている。」という旨がWikipediaにも書いてある。曲全体はベートーヴェンらしさとともに、30歳とは思えない若々しさと、先輩達の響きがする・・・のだが、この曲、下属調であるFの和音ではじまっている。やっと主調が現われるのは、さらに少し先。つまり、先達の伝統のまとめのつもりが、

全然まとまってない。(汗)

さすがはベートーヴェンである。期待を裏切らない。

 演奏はマズアらしく中庸で標準的な内容。それ以外に言いようがない。

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。