スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シューベルト アルペジオーネ・ソナタ イ短調 D821 | マイスキー(Vc) アルゲリッチ(Pf)

 残暑厳しいこの頃とはいえ、今週に入ってから随分と涼しくなってきたと感じるこの頃である。秋の夜長にはまだ早いが、涼しい夜には久しぶりにチェロが聴きたいと思った。今日棚から見つけたのは、フランツ・シューベルトが、アルペジオーネという楽器のために1824年に作曲したソナタ。アレグロ・モデラート、アダージョ、アレグレットの3楽章からなっている。

 アルペジオーネ(アルペジョーネ)というのは、1823年頃にウィーンのギターメーカーであるシュタウファーによって発明され、その後少しばかりの流行をした後、まもなく絶えてしまった楽器である。形はチェロやヴィオラ・ダ・ガンバにそっくりで、膝のあいだに挟み弓で弾くところも同じである。ただ一番の違いはチェロが4弦(弦が4本張られている)のに対して、アルペジオーネはギターと同じ6弦。しかも開放弦の音もギターとまったく一緒なのである。また指板はチェロと同じく黒いが、そこにはギターと同じくフレットが付いているという不思議な楽器だ。(チェロやヴァイオリンにはフレットがない。)チェロのようなコシやハリのある音色は出ないものの、独特の深みと味わいのある音色を出す。そんな楽器である。(ちなみにアルペジオーネは今日ほとんど残っていないから、この曲は通常、チェロまたはヴィオラによって奏される。)

[参考]ウィキペディアにおける解説
http://en.wikipedia.org/wiki/Arpeggione

[参考]本物のアルペジオーネによる「アルペジオーネ・ソナタ」の演奏


 
 さて今日聴いたのは、1984年にチェリストのミッシャ・マイスキーが、ピアニストのマルタ・アルゲリッチとともに演奏したもの。まず見事なのが序奏のアルゲリッチのピアノ。マイスキーのチェロが登場する前だというのに、このピアノだけで一気に世界に引き込まれてしまうのである。一体、どっちが主役なんだろうか(笑)。それにしてもなんと抒情性溢れるピアニズムだろうか。存分に旋律を歌いあげ、存分に音楽を愉しんでいる。音楽することの喜びに満ちた、そんな演奏である。ミッシャ・マイスキーのチェロもアルゲリッチの巧みなリードに従い、この魅力あふれる旋律線を見事に奏でている。


ma_ar.jpg



[試聴]
※残念ながら同じ演奏の試聴できるサイトがなかった。これは同じくアルゲリッチのピアノだがヴィオラと一緒に演奏したもの。
http://www.youtube.com/watch?v=ga1pey0A0cA


テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。