スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラームス 交響曲第4番ホ短調作品98 | ムラヴィンスキー指揮レニングラード・フィル

 敬愛する指揮者は誰かと聴かれれば、まずはムラヴィンスキーと答える。20世紀の鉄のカーテンの向こう側で、就任から亡くなるまでの50年間もの時間をレニングラード・フィルに注ぎ込んだ孤高の指揮者である。

 完璧主義者ムラヴィンスキーは、1938年にレニングラード・フィルの指揮者に就任すると、士気が緩んでいた同フィルを容赦なく厳しく鍛え上げ、世界最高水準のオーケストラとした。楽曲に対する厳しい解釈と活き活きと躍動する生命力を内在したテンポによる演奏は他に類を見ない。高身長でスマートな体から繰り出される指揮の動作には一切の誇張や無駄がない。一言で言って、格好が良い。独裁者と批判する人も多いけれど、プライベートは質素で温厚。団員とはいつもユーモア溢れる話をして時間を忘れさせるほどだったり、飛行機に乗りたくないと駄々をこねてみたり、やっぱり私はこの人を尊敬し、この人の音楽を尊敬する。


mura_bra04.jpg


 今日は1973年4月28日、エフゲニー・ムラヴィンスキーが手兵のレニングラード・フィルとブラームスの第4番を演奏したものを聴いた。もうなんというか、見事である、としか言えない。どこまでもクリアで妥協のないサウンド。古きロシアのオーケストラならではの金管の咆哮がムラヴィンスキーによって適度にコントロールされているのも嬉しい。楽曲の形をシャープにくっきりと浮かび上がらせた演奏である。ディナーミクも見事。燃え盛り雷のように轟くフォルティシモから嫋嫋たるピアニシモまで、オーケストラのダイナミクスレンジを余すところなく発揮している。ムラヴィンスキーの厳格な解釈のもと、団員全員が一丸となった名演。整然と、けれど溢れんばかりの歌心が満ちている。


[試聴]
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3603243

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

コメント

またひとつ

持っているCDとDVDのリストを調べましたが、
残念ながらムラヴィンスキーありません(泣)

たこさん、敬愛する指揮者のが全然無い
というのも、いかにも悔しい(笑)

また増えましたね、買うべきCDが
(笑)

Re: またひとつ

四季歩さん、こんばんは!
ムラヴィンスキー、いいですよ~。でも冷戦時代のソビエトですから、遺された録音の質というのが大変悪くて、本当に残念です。そんな中でも、独グラモフォンに奇跡的に残されたチャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」とか、録音も演奏も素晴らしいというのがたまにあって、聴くたびに幸せを感じております><;;

ムラさま~~~

いい演奏をありがとうございました。
ニコニコで全楽章、見た、聴いた、感動した!!
でも、コメントが面白くて笑った~~~。
たしかにシャンデリアとか映さんでいいから、オケを映してくれや~~~
というところありましたけど。。。
でもすっごくカッコよかったです。
途中で0時の時報が許せんv-412です。
こりゃ~~~。大事な第4楽章のクライマックスでいったいなんなんじゃ~~!!!
それにしてもカッコイイ指揮者さんだ~~~。

Re: ムラさま~~~

はるりんさん、こんばんは!
ムラ様、いいでしょう!><;;
なんか視線が合っただけで、ははーっm(_ _)mとなってしまうオーラがあります。ちなみに奇跡的に西側の優秀な録音エンジニアによって「手抜きなく」録られたチャイコフスキーの悲愴が最高ですよ~。

コメント、ウケますよね>w<
ほんと、シャンデリアとか柱とかいらないです。
当時のソ連のセンスでは、ムラ様と並んであれが良かったのでしょうか・・・ソ連、恐るべしです(笑)。

<0時の時報
クラシックは特に時報、困りますよね。
何度私も時報女さんに泣かされたことか(涙)。
1楽章20分以上のブルックナーをHDに録音しながら聴いていて、最後の5分で時報になったときなんか悔やんでも悔やみきれないものがあります(笑)。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。