スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラームス ピアノ・ソナタ第1番ハ長調Op.1 | ペーター・レーゼル(Pf)

少し前、同じ職場のOさんにブラームスのCDを何枚か貸してみたところ、見事にはまってしまわれた。そこでこのところ何回かにわけてブラームスの勉強会などを開いている。苦労人ブラームスの味わい深い世界。

 ヨハネス・ブラームスは1833年にハンブルクに生まれ、1897年にウィーンで没した作曲家である。後期ロマン派のドイツ音楽を代表する作曲家として一つの時代を築いたが、幼少期は恵まれない環境にあった。コントラバス奏者だった父親によって幼い頃から音楽教育を受け、早くから音楽に才能を示したが10代前半には生活のために大衆酒場やストリップ劇場のようなところでピアノを弾いて日銭を稼いだという。とにかく貧しかった。およそ未来の大作曲家が少年時代を過ごすにはあまりにも場違いな暮らしと仕事。苦労人としての人生は既にこの頃から始まっている。

 ブラームスの人生の一つの転機となったのが3つ年上のヴァイオリニストであるエドゥアルト・レメーニと、20歳の年に出かけた演奏旅行だ。この演奏旅行によって、ブラームスはレメーニからジプシー音楽を学びハンガリー舞曲集を編曲することになるほか、シューマン夫妻やフランツ・リスト、ヨーゼフ・ヨアヒムなどと出会うのだ。中でもこのシューマン夫妻との出会いは大きかった。夫ローベルトは、早くもこの若い音楽家の中に才能を見出し、また妻であるクララ・ヨゼフィーネ・シューマンとは生涯に渡る親交と愛が始まるのである。かのローベルト・シューマンの妻にして、天才ピアニスト。前に彼女が書いたイ短調のピアノ協奏曲も聴いたことがあるが、知性と美貌に加えて一人何役もこなすマルチロールプレイヤーだった。若いブラームスが、この才色兼備のクララに恋慕するのも当然で、そこには14歳の年の差など関係なかった。(とはいえ奥手でネクラなブラームスであるから、その後数十年に渡って煮え切らないまま二人の関係は終わるのであるが。)

 さてこの20歳のシューマン家訪問の際に、ブラームスが披露したのが今日聴いたハ長調のピアノ・ソナタ。第1番とあるが実際には2番より後に書かれたものらしい。この曲の見事な演奏を聴いたローベルト・シューマンは、「新しい道」というタイトルの評論を雑誌「新音楽時報」に載せて絶賛し、ブラームスが認められる大きな一歩となった。今日聴いた演奏は、敬愛するペーター・レーゼル氏によるもので、クリアで明晰な音色と忠実な演奏が、若きブラームスの響きを瑞々しく描き出している。真面目な演奏の中にも歌心が溢れており、例えば第1楽章の第2主題、「dolce」と記されたイ短調のメロディのなんと甘美で自然な歌い出しだろうか。

[第1楽章]アレグロ
http://www.youtube.com/watch?v=ahFVxBol0SM
[第2楽章]アンダンテ
http://www.youtube.com/watch?v=_ZeU2fg7h2U
[第3楽章]スケルツォ - アレグロ・モルト・エ・コン・フォーコ
http://www.youtube.com/watch?v=D6nCwqs6RgI
[第4楽章]フィナーレ - アレグロ・コン・フォーコ
http://www.youtube.com/watch?v=9W_vhUeUhGg

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

コメント

お元気ですか

こんばんは。たこさん。
先程はありがとうございました。

ブラームスって本当に苦労しているんですよね。
おぼっちゃんのシューマンとは育ちがぜんぜん違うというか、エラいなぁって思います。
子供が稼ぐってまともなところじゃ稼げないですよね。いやぁ。スッゴイですよ。ブラームス。
ちょっとブラームスが聴きたくなりました。

ところで、ペーター・レーゼル氏なんですけれど、たこさんもお好きなんですね。
あぁ、嬉しいです。
二人の方からまったく別の曲のことで(もちろんシューマンですけれど)、レーゼル盤を紹介してもらいました。
とくにゲヴァントハウス/マズアとのP協は素晴らしかったです。
>クリアで明晰な音色と忠実な演奏
本当にそうですよね。
確かな技巧の上にあって、その技巧に溺れることなく、無意味に飾らず、あぁ、なんて美しいシューマン。おそらく最高のピアノ協奏曲でしょう。
素晴らしいピアニストです。
ブラームスは未聴ですがきちんと聴く機会を持って聴いてみたいです。

やっぱり

一番好きなのはブラームスかもしれません。
クラシックに夢中になって1年半。
いろいろなものを聴いてきました。
好きな曲は沢山できましが、好きな作曲家
というと、ブラームスになるようです。

シューマンと出会い、それからずっと
クララ・シューマンとの関係も含め、
とても興味があります。

Re: お元気ですか

はるりんさん、こんにちは。
ご無沙汰してしまってすみません。しかもお返事遅くなりましてさらにすみません。

はるりんさんもレーゼル氏のピアノがお好きとは!>w<;;
素晴らしいピアニストですよね。奇を衒うところがまるでなく、正統派の音楽づくりながら、のっけから世界に持っていかれるだけの強い求心力があるように思います。こんな風にピアノが弾けたら充実した気持ちになれるだろうなあ・・・。

ブラームスは基本ネクラな私にとって、とても好きな作曲家の一人です。同じネクラでもチャイコはダメでもブラームスはいいから不思議です。それにしても不器用な人ですよね。なんだかそういうところも含めていいなあと思ってしまいます。

Re: やっぱり

四季歩さん、こんにちは。
すっかりご無沙汰してしまいすみません。お元気ですか?

四季歩さんもブラームスお好きなんですね!お仲間です^^
なんというか暗くて気難しくも非常に人間味のある人物の音楽というか、そんな感じがしております。ネクラで奥手、でも世に出す作品に自信はあるという自己批判と自制心の強さ。今夜もブラームスを聴いてます。


> 一番好きなのはブラームスかもしれません。
> クラシックに夢中になって1年半。
> いろいろなものを聴いてきました。
> 好きな曲は沢山できましが、好きな作曲家
> というと、ブラームスになるようです。
>
> シューマンと出会い、それからずっと
> クララ・シューマンとの関係も含め、
> とても興味があります。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。