スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラームス 6つの歌曲Op.3

 ブラームスが20歳の年に書かれた6つの歌曲は、あのブラームスも青春していたんだなあと肌で感じ取れる歌曲集。特に第1曲「愛のまこと」が有名で、恋する娘に恋など捨てなさいと諭す母親と、恋に生きる娘の受け答えという形となっている。ピアノ(弱く)で歌われる母の言葉と、ピアニッシモでそれに対する娘の返答。母の言葉はピウ・モッソ(今までより早く)、アジタート(激しく)・・・と次第に激しさを増すが、最後は娘も強気のフォルテで返答する。

---------------------------------------------------

O versenk', o versenk'
dein Leid, mein Kind, in die See, in die tiefe See!

Ein Stein wohl bleibt auf des Meeres Grund,
mein Leid kommt stets in die Höh'.

Und die Lieb', die du im Herzen trägst,
brich sie ab, brich sie ab, mein Kind!

Ob die Blum' auch stirbt, wenn man sie bricht,
treue Lieb' nicht so geschwind.

Und die Treu', und die Treu','s war nur ein Wort,
in den Wind damit hinaus.

O Mutter und splittert der Fels auch im Wind,
meine Treue, die hält ihn aus, die hält, die hält ihn aus.


おお、沈めなさい。おお、沈めてしまいなさい。
あなたの苦しみを、私の娘よ、海の中に、海の深みに!

石ならば海の底にとどまるでしょうけれど、
私の苦しみは常に浮かんでくるのです。

ならばあなたが胸の中に抱きしめている苦しみを、
折りなさい、折ってしまいなさい、私の娘よ!

花は人が折れば枯れますけれど、
真実の愛は決して儚くはないのです。

真実、それは言葉だけ、
ただ風で飛んでってしまうだけのもの。

おお、お母様、風で岩が割れたって、
私の真実は、それにも耐えるのです。

---------------------------------------------------

訳が違っていたらすみません。
ちなみに現代の親子なら、こんな感じでしょうか。


母「アンタ、何ふさぎこんでんのさ、こっちは忙しいってのに。恋?そんなモン、今すぐ海に沈めちまいな!」
娘「だってえ・・・石なら沈むけど、アタシの苦しみはすぐ浮かんできちゃうんだもん・・・。」
母「じゃあ、折っちまえばいいだろ、そんなもん!ホラホラ、洗濯手伝いな!」
娘「テキトーなこと言わないでよ!アタシの愛は、真実の愛なのっ!!」
母「はあ~~??何いっちゃってんだろうねえ、コノ子は。そんなもん風吹きゃ飛んでっちまうよ!それより夕飯の買い出し言っといで!」
娘「なんですってえっ!?例え岩が割れちゃうような暴風だって、アタシの愛は耐えられるんだもん!もういい!お母さんとは口きかないっ!」


ただの親子喧嘩っ!?∑( ̄□ ̄;)
※違います。(by はるりんさん)


[試聴]
http://www.youtube.com/watch?v=bIfjiAq0rGg

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

コメント

うーーーん

私が思うに、好きな男がいて親が決めた相手との結婚を嫌がる娘と愛なんかで食べられないと説得する母親との会話ではないでしょうか。。。
だと、思う。。。他には考えられないなーーー。
でも、曲を聴いたことないんでわかりませんです。
すみません。
きっとクララへの歌なんですよーーー。
って、またそこかーーー。(笑)

こんばんは

親子喧嘩を歌にしてしまうとは...ブラームスって...
というより、相も変わらず、たこさんは面白い!
座布団3枚!
OP.3ということは、かなり若いときの曲なんですよね。
ブラームスの歌曲って有名なんですか?
歌曲はまったくと言っていいほど聴かないので...
歌曲聴かないのに、オペラを聴こうとしてます。
でも、良さがだんだん分かってきてますよ^^

(汗)

ブラームスので、こういうのあったんですね。
知りませんでした。

なんだか、面白そうですね。
歌手は誰のが良いんでしょうか。

Re: うーーーん

はるりんさん、こんにちは。
間違いなくただの親子喧嘩ではなく、はるりんさんのおっしゃるように、親が決めた相手との結婚を嫌がる娘の歌だと思います。ただロマン主義というものが消えた現代の親子が再現したら、ただの親子喧嘩になるだろうなあという意図で(笑)分かりにくくてすみません^0^;

でも書かれたのが20歳のあの年ですし、やっぱりこれってクララへの歌ですよね。歌曲集の一番最初に「愛のまこと」をわざわざ持ってくるんですから。うん。

Re: こんばんは

kurt2さん、こんにちは!
はるりんさんのおっしゃる通り、やっぱりただの親子喧嘩ではありませんでした(笑)。でも座布団3枚ありがとうございます。山田さん、お願いします^^

ブラームスのこの歌曲集は、愛のまことを除いては全くと言っていいほど有名じゃないと思います。私もたまたま前述の勉強会などなかったら改めて聴いてみなかったと思います。オペラ、私も最近頻繁に観るようになりましたが、楽しいですよね~

Re: (汗)

四季歩さん、こんにちは!

> ブラームスので、こういうのあったんですね。
やっぱり「こういうの」でなく、はるりんさんがおっしゃる通り「ああいうの」でした(笑)。

歌曲集全体の録音では詳しくないんですけど、ソプラノのエリザベート・シュワルツコップがピアノのエトヴィン・フィッシャーとやったCDの中に「愛のまこと」1曲だけ入っていて、未聴なんですがとても気になっています^^

http://www.hmv.co.jp/product/detail/2524314

・・・欲しくなってきました(汗)。
でもこの録音、ブラームス以外の大半がナクソスでも聴けるようで買うべきか迷ってます。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。