スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショパンと牛乳パック

 ショパンイヤーに何か相応しい話題などないものかとごそごそと書庫やらCD棚やらを探しているうちに、随分前に買った一冊の本が出てきた。ピアニストの中村紘子さんがお書きになった「ピアニストという蛮族がいる」という本で、1992年の発行とあるから20年とはいかなくてもだいぶ前の本である。これが本当に面白い。当代一流のピアニストとして国際的に活躍される中村紘子さんだからこそ知りえただろう秘話やエピソードがたくさん載っている。その中に、ショパンを得意とした一人のピアニストがいたことを思い出し、彼の録音を聴きながら読み返してみた。

 彼の名は、ウラディーミル・ド・パハマン。1848年に生まれ、1933年に没した名ピアニストの一人。ここで注目すべきは彼が生まれたのが1848年ということ。完全に19世紀後半のピアニストである。そして先に述べたように、その録音が残されている。パハマンが草創期のSP録音に積極的に取り組んでくれたおかげである。つまり彼の演奏を聴くということは、19世紀のピアニズムを体験できることに他ならず、これほどマニア心をくすぐるものはない。

 さてこのパハマン。ショパンをこよなく愛し、生涯をかけて演奏したのであるが、もう一つ有名なのが、数々の奇行である。どんなものかといえば、
「演奏中に間違うと、自分の間違った方の手をもう一方の手でピシャリと叩いて大声で叱る。」(・_・;)とか、
「ショパンを弾きながら途中を忘れて盛大に間違え、自分で即興的に『作曲』して引き終わった」とか・・・( ̄へ ̄;;

いえ、これで終わりではないんです。その後、
「聴衆に向かって、この方がいいのだ、と演説した」り( ̄ロ ̄;;
演奏中延々と同時代のピアニストの愚痴を言ったりΣ(゚ロ゚ノ)ノ

もう本当にこの人は一体何を目指しちゃってるんだろうという感じです(笑)。

 数々の奇行とともに伝説的な名演を生み出したというパハマンだが、最後に極め付けがある。指を強化するために何故か牧場を経営したパハマン。ある日乳搾りに励む中、何故か「牛乳パック」を発明して特許までとってしまったのだとか。そういえばパハマン"Pachmann"のスペル、ずっと見ていると「パックマン」に見えてくるようなこないような・・・。

(参考)「ピアニストという蛮族がいる」(中村紘子・著 中公文庫)

[試聴]
http://www.youtube.com/watch?v=YgdaNygzBcc
http://www.youtube.com/watch?v=y53RWFwiiOM



テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

コメント

すごいですね

うーーーん。
そのぐらい開き直れればラクでしょうね。。。
私も少し見習ってーーー。
これ以上開き直ってどうするって感じですが。。。

Re: すごいですね

はるりんさん、こんにちは。
これだけ強烈な個性というのも凄いなあともともと個性の薄い私なんかはうらやましくも思えます。
究極の開き直りこそ、新しき芸術への道(Neuer Weg)なのかもしれません。

おはようございます

今の時代ではとても許してもらえそうに無いことですよね^^;
でも、おおらかで昔は良かった的な雰囲気の漂う面白いエピソードですね^^
こういうピアニスト自分は好きです。
ただ、牛乳パックを考え出すとは凄いではないですか!

Re: おはようございます

kurt2さん、こんにちは。
ホント、今の時代にやったら大変なことになっていますよね(^^;;;
私もこういう人、好きです。
でもなんで牛乳パックだったんでしょうか。特許までとったというから、スゴイです(汗)。

すごいですね

きっと日本でこんなことやったら・・・・
と思うと、その場になんとしても居て
見届けたくなります(笑)
演奏というのは、ただ音を聴きにくるんじゃなくて、
ピアニストの人を感じに来てくれ・・・・
といったところでしょうか。

Re: すごいですね

四季歩さん、こんにちは。
19世紀の演奏というのは、原典に忠実であることが至上とされる現代とは比べ物にならないほど、自由度溢れるものだったんですね。パハマンはやりすぎですが(笑)。おっしゃる「演奏というのは、ただ音を聴きにくるんじゃない」というの、私もそう思います。

パハマンといえば

はじめまして

パハマンのレコードは1枚だけPealというところから出ているショパン選集を持っています。
音質は悪いし、演奏も随分ぶっきらぼうなのですが、高校時代の彼女からのプレゼントなので手放せずにいます。
久しぶりにパハマンの名前を見かけ、ほんの少しだけ昔を思い出しました。

Re: パハマンといえば

メタボパパさん、こんにちは!はじめまして^^
まさかパハマンお持ちの方とお話ができるなんて、夢のようです。
ホント、音悪いですよね(涙)。音質は悪いし、演奏も随分ぶっきらぼうってすごく納得です。

でも高校時代に、数あるピアニストの中から敢えてパハマンを送られる彼女さんって、すごい通だと思います>w<;;
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。