スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J.S. バッハ 無伴奏チェロ組曲第1番 - 第6番 | ガスティネル

 アンヌ・ガスティネルというチェリストをこれまで知らなくて、たまたまナクソス・ミュージック・ライブラリーの今週の一枚に挙がっていたので聴いてみた。なんでこれまで知らなかったんだろう。素晴らしいバッハの無伴奏だった。


V5121.gif


 バッハの無伴奏チェロ組曲は不思議な曲だと思う。この曲を聴くと昔学生オケにいた頃に、チェロにいたA先輩とB先輩のことを思い出す。A先輩は幼少からチェロを弾いてきて、それは聴き惚れてしまうほどの美音をお持ちのとてつもなくお上手な方。B先輩は学生オケに入ってからチェロを始めた方で、でもとても良く練習されたので無伴奏が弾けるくらいに上達された方。でも音の美しさや技巧はA先輩には及ばない。それなのにお二人が弾く無伴奏を聴くと、圧倒的にB先輩のチェロのほうが真に迫り、深みのある満足感を与えてくれるのです。逆にA先輩はラフマニノフのヴォカリーズなどを無伴奏でお弾きになると、その場の女子が全員うっとりして練習にならなくなるくらいの素晴らしい弾き手でいらしたから、それぞれ向き不向きもあるかもしれない。でも一般的にクラシック音楽というものは、「ただ弾く」ことはできても最低限の技術的な完成がなければ「演奏する」ということはなかなか難しいのに、この曲はそれだけで割り切れないものがあるようで、なんとも不思議な感じがするのです。

 話が大きくそれてしまったけれどこのアンヌ・ガスティネルさんの演奏は、一流の技術に支えられてはいるもののそれだけでないものがある。往年の巨匠が弾いてきたむせ返るほどの密度や深遠なる精神性というのともちょっと違う、どこまでもナチュラルな呼吸と自然体の音楽。だけどそれでいて清らかな深みと妙なる律動の中に、いつのまにか誘われているようなそんな演奏。素晴らしい音楽に心から感謝。


[試聴]
http://ml.naxos.jp/album/V5121



--ウォーキング記録--
[本日]
歩数:10,381歩
距離:7.83km
時間:1時間27分
時速:5.40km/h

[累計]
歩数:108,747歩
距離:66.03km
時間:14時間32分
時速:3.85km/h

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。