スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長野えびす講煙火大会

私が住む長野市には毎年この季節、「長野えびす講煙火大会」という花火大会があって、地元では「えびす講の花火」などと呼んでます。だから多分どこかで「えびす講」というお祭りもやっているのかもしれませんが、私は知りません(汗)。とにかく圧倒的に有名なのはこの花火大会で、毎年犀川(さいがわ)という一級河川にかかる「長野大橋」近くの河原で盛大に打ち上げられます。

 ところが見に行くのは至難の業。とにかくスゴイ人出で、付近に行くだけでも大渋滞の上、打ち上げ会場の河原に入るには特別な許可証を取った車でないと入れません。かくいう私も子どもの頃、両親の知り合いから頂いた許可証で一回だけ入ったことがあるくらいで、ある意味プラチナチケット化してるのです。

 でも・・・ウチの近くは高い建物がないおかげで、2Fのベランダから見られるんです。・・・小さいですけど(汗)。


SH3I0311.jpg



 それにしても、一つだけ昔から疑問に思っていることがあります。それは、

 どうして信州の寒い冬に花火なんかやるんでしょうか?( ̄へ ̄;

 これが夏やってくれれば、ベランダでビール片手にバーベキューでもしながら花火を見て・・・最高だと思うんです。なにが悲しくて冬の寒空の下、彼方に見える小さな花火をふるえながら見なくてはならないのか。。。


 寒かった。


テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。