スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バロックの女王 | ジモーネ・ケルメス

ジモーネ・ケルメス ヴィヴァルディ アリア

 ジモーネ・ケルメスというソプラノがヴィヴァルディのモテットを歌ったCDを試聴した。

 欲しくなった。

 ケルメスという人の名前はいくつかのサイトなどで見ていたが、演奏は初めて聴いた。これほど刺激的でエネルギーに満ちた好演は、久しぶりだ。徹底した超絶技巧ぶりは聴いていて小気味良いし、ケルメスのクリアな声音がベニス・バロック・オーケストラの音と見事にマッチしているのも嬉しい。ジャンルは違うのだが、昔、ガーディナーが古楽オーケストラを使って凄まじく速いベートーヴェンの5番をやったときの興奮を思い出した。深みや情緒という部分には欠けるという見方もあろうが、スポーティな演奏にここまで徹する姿勢は潔い。

[試聴]ジモーネ・ケルメスのサイト
http://www.simone-kermes.de/start.htm

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。