スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボアブディルの嘆き | ガスパール・カサド

 さきほどから音楽を聴きながら窓辺で涼んでいるのだが・・・

 暑い。
 本当に暑い。

 涼しげな絵の描かれた風鈴やうちわも、キンキンに冷やしたワインも効果を発揮せず、目下、涼しくなることを諦めたところだ。逆にこんな気だるい夜には、今日みつけた「ボアブディルの嘆き(Lamento de Boabdil)」の濃厚な世界が妙に合う。20世紀最大のチェリスト、ガスパール・カサドが作曲した曲だ。


アルハンブラ宮殿


 時は1492年。イベリア半島(現在のスペイン・ポルトガル)にて栄華を誇ったイスラム教国家・グラナダ王国は最期の時を迎えていた。キリスト教の国であるスペイン王国が、レコンキスタ(国土回復運動)の旗のもと、王都であるグラナダを無血開城させたのだ。グラナダ最期の王ボアブディルは、母親と共にグラナダを離れ、キリスト教側が用意した領地へ追放される。その途上、グラナダの街を一望できる丘の上で、市街を見渡し、涙を流すボアブディル。そんなわが子に母親アイシャが言葉をかける。

「男として、国を守り切れなかったからには、女のように泣くがいい。」*1


怖っ!Σ( ̄ロ ̄;


まあそんな光景を思い描いて書かれたものかどうかは知らないが、演奏時間にして4分足らずのこの小品は、嘆きと幻想性を感じさせる佳品。洒脱なピアノ伴奏に、夏の夜の闇のような粘性を持ったチェロの音色がねっとりと絡み合っていく。マリア・クリーゲルの弾くチェロの、やわらかくふくよかな音色が、また素晴らしい。


カサド ボアブディルの嘆き


[試聴]4曲目
http://ml.naxos.jp/?a=8.557613

[参考・引用]
*1 http://homepage3.nifty.com/borracho/interesa.html

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。