スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ずわいがにの天津飯」(480円) | ローソン長野末広町店

 いつもいつもお世話になっているローソン長野末広町店さんに今日もお世話になった。忙しい昼食にかかせないコンビニ弁当だが、こちらのお店はスタッフの方々がとても温かな接客をしてくださる素晴らしいお店だといつも思う。今日見つけたのは、「ずわいがにの天津飯」(480円)。美味しかった。

 ところで何故、「天津飯」というのだろう・・・と思い、ウィキペディアを調べてみた。長い引用となるが「本来は、昭和の物資不足の時代に、中国天津産の良質米である『小站米』をわざわざ使った、蟹肉入り卵焼き乗せ丼という意味で、天津芙蓉蟹肉飯という料理名であったのが、間の読みづらい『芙蓉蟹肉』がいつの間にか略されて『天津飯』となったと考えられる。」とのこと。なるほど。

ずわいがにの天津飯 | パッケージ


 かにを食べるとなんだかリッチな気分になるし、何より400円台という価格が嬉しい。


ずわいがにの天津飯 | ローソン長野末広町店


 うまかった。

テーマ : コンビニグルメ - ジャンル : グルメ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。