スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京都交響楽団ハーモニーツアー2008→2009 長野公演

 オケを生で聞くのはこの前、サントリーホールでブルックナーを聴いて以来だろうか。長野には珍しく、東京都交響楽団(都響)が長野県県民文化会館大ホールに来ると聞いた時はさして食指が動かなかったが、しかもコンチェルトはベートーヴェンでゲルハルト・オピッツが弾く、というので、つい「触手」が動いてしまった。というわけで大雪の中、久し振りにオーケストラを聴きに出かけた。

都響 長野公演


 プログラムは、以下の通り。

ブラームス ハンガリー舞曲第1番ト短調
ベートーヴェン ピアノ協奏曲第5番変ホ長調「皇帝」
ドヴォルジャーク 交響曲第9番「新世界より」ホ短調作品95

指揮:レオシュ・スワロフスキー
演奏:東京都交響楽団
ピアノ:ゲルハルト・オピッツ

・・・・・・いまどき珍しいほどの、ものすごく王道を行くプログラミングである。地方だとこうしないと入らないのだろうか。。。複雑な心境である。


東京都交響楽団 長野公演


 一聴して驚いた。
 本命のオピッツよりも、本場チェコの指揮者スワロフスキーが振るドヴォルザークよりも、まずもって感じたのは、「都響ってこんなにうまかったんだ!」ということだ。(失礼かもしれないが)昔(かなり昔になるが)、関東に住んでいた頃は何度か聴いた記憶があるが、その頃はこんな風には感じなかった。それが今日聴いたオーケストラは、同じ都響と思えないほど、レヴェルが向上し、見事な好演を聴かせてくれた。特に弦楽器がうまい。素晴らしすぎる。これがS席ですら4,000円で聴けたというと、なんだか申し訳ない気がしてくる。もっととってもいいのではないか。いや、コストパフォーマンスを重んずる私としては、とてもありがたいことなのだけど。

 本命のオピッツはさすがである。決してパフォーマンスに走らず、堅牢な音の大伽藍を作り上げていた。ただ残念なのは、ピアノのコンディションだ。聴いた席が悪かったせいもあるかもしれないが、音が伸びず、整調や整音に疑問を感じた。

 ドヴォルザークは素晴らしいの一言。さすがチェコの指揮者である。全体を通してアンサンブルやディナーミクの乱れなどもあったが、そんなことは関係ないくらい、気合いの入った演奏だった。個人的には2楽章がもっと緻密なアンサンブルをしてほしかったが(冒頭の木管からして痛すぎる合わなさだった)、これはまあ仕方がないのかもしれない。



 東京から来たオーケストラに、心からの感謝。



東京都交響楽団 プログラム

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

コメント

同感です

はじめまして。
私も昨日の演奏会は2階後ろで聴きました。オピッツさん目当てに行ったのですが、まったく同じ感想でした。
しかもこの低価格で!ほんとにいいの!?くらいお得すぎる内容でしたね。
弦楽器の厚みのある、伸びやかな響きには本当に驚かされました。ピチカートが上手かったし。また新世界の4楽章後半は弦管ともに凄い盛り上がり方でびっくりでした。しかもなんと言ってもティンパニの方が上手すぎる!
オピッツさんが長野に来てくれたこと自体感激でしたし、「皇帝」も豊かで推進力のある演奏。
アンコール(スラブ舞曲72-2)もやってくれてラッキーでした。
生の演奏はやはり違うなあと思いました。このレベルでこの料金でなら何回も行きたくなりますね。

コメントありがとうございます!(^^

地元人さん

はじめまして(^^
書き込みありがとうございます!(^^

都響、リズムの縦の合わせが最高にうまいですよね。地元人さんのおっしゃる通り、ピチカートの揃うこと揃うこと、そしてティンパニのためらいのない鮮烈な一撃。全員の呼吸が一体となっていて、ゾクゾクきてしまいました。アンコールは、やっぱりスラブ舞曲。もともと冒頭のハンガリー舞曲で好評を得たブラームスが、ドヴォルザークに「あなたもスラブの舞曲書いたら」って勧めた曲ですよね。うまい選曲だなあと思いつつ、アンコールしてくれたスワロフスキーさん&都響に感激です。

>このレベルでこの料金でなら何回も
ほんと、そうですよね。都響、毎月来てくれないかなあと思ってしまいます。
長野にも素敵なアマオケはたくさんありますが、プロのオーケストラ、できないかなあと思います。もしできたら、本気で応援するんですけど。

プロオケ

自分の住んでいるところにプロのオーケストラがあるということは、
とても幸せなことだということに最近気づきました。

指揮者が飯森さんに変わってから、いい意味でより華やかな
楽団になったと思っています。

地元オケっていいですよね

reinさん

いつもコメントありがとうございます(^^
reinさんの地元のオーケストラは、ドイツの重厚な音楽から、現代曲まで幅広くこなすオーケストラと聞いています。プロオケ不在の地方に暮らす者にとっては、本当にうらやましいです。例えば信濃グランセローズ(私のいる地方の地元球団)の試合に通うのと同じように、気軽に通える地元密着のオーケストラって魅力ですよね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。