スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄旅行05 旧海軍司令部壕

 沖縄で、どうしても行きたい場所だった。この旧海軍司令部壕は、沖縄線の最中に海軍の司令部が置かれた壕であり、太田実海軍中将以下、多数の幕僚が自決された場所でもある。

 どんどん階段を下りておく。中間地点で地下12.5mとあった。一体、底は地下何メートルなのだろうか。

旧海軍司令部壕1

 作戦室。幕僚らがここで作戦を立案した。

 旧海軍司令部壕 作戦室

 とても狭い通路。むっとくるカビ臭さ。当時の本物の史跡がそのまま生々しく公開されている。

旧海軍司令部壕 通路

 幕僚室。奥の壁に見える点は、幕僚が自決したときの手りゅう弾の破片によるものだ。

幕僚室

 壁にはつるはしの跡。

旧海軍司令部壕 ツルハシの跡

 海軍司令部壕の入口。多くの将兵がここからろくな武器ももたずに突撃していった。

 旧海軍司令部壕 入口


 司令官室。

司令官室

 ここで太田実中将は、海軍次官宛に電報を送った後、自決された。内容は当時の常套句であった「天皇陛下万歳」「皇国ノ弥栄ヲ祈ル」ではなく、ひたすらに沖縄県民の敢闘の様子を訴えるものだった。

(現代語訳)
----------------------------------------
沖縄県民の実情に関して、権限上は県知事が報告すべき事項であるが、県はすでに通信手段を失っており、第32軍司令部もまたそのような余裕はないと思われる。県知事から海軍司令部宛に依頼があったわけではないが、現状をこのまま見過ごすことはとてもできないので、知事に代わって緊急にお知らせ申し上げる。

沖縄本島に敵が攻撃を開始して以降、陸海軍は防衛戦に専念し、県民のことに関してはほとんど顧みることができなかった。にも関わらず、私が知る限り、県民は青年・壮年が全員残らず防衛のための召集に進んで応募した。残された老人・子供・女性は頼る者がなくなったため自分達だけで、しかも相次ぐ敵の砲爆撃に家屋と財産を全て焼かれてしまってただ着の身着のままで、軍の作戦の邪魔にならないような場所の狭い防空壕に避難し、辛うじて砲爆撃を避けつつも風雨に曝さらされながら窮乏した生活に甘んじ続けている。

しかも若い女性は率先して軍に身を捧げ、看護婦や炊事婦はもちろん、砲弾運び、挺身斬り込み隊にすら申し出る者までいる。

どうせ敵が来たら、老人子供は殺されるだろうし、女性は敵の領土に連れ去られて毒牙にかけられるのだろうからと、生きながらに離別を決意し、娘を軍営の門のところに捨てる親もある。

看護婦に至っては、軍の移動の際に衛生兵が置き去りにした頼れる者のない重傷者の看護を続けている。その様子は非常に真面目で、とても一時の感情に駆られただけとは思えない。

さらに、軍の作戦が大きく変わると、その夜の内に遥かに遠く離れた地域へ移転することを命じられ、輸送手段を持たない人達は文句も言わず雨の中を歩いて移動している。

つまるところ、陸海軍の部隊が沖縄に進駐して以来、終始一貫して勤労奉仕や物資節約を強要させられたにもかかわらず、(一部に悪評が無いわけではないが、)ただひたすら日本人としてのご奉公の念を胸に抱きつつ、遂に‥‥(判読不能)与えることがないまま、沖縄島はこの戦闘の結末と運命を共にして草木の一本も残らないほどの焦土と化そうとしている。

食糧はもう6月一杯しかもたない状況であるという。

沖縄県民はこのように立派に戦い抜いた。

県民に対し、後世、特別のご配慮をしていただくことを願う。

----------------------------------------
(ウィキペディアより引用)

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。