スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メンデルスゾーン ヴァイオリンとピアノのための協奏曲ニ短調

 今年はハイドンの没後200年、メンデルスゾーンの生誕200年であるという。つまりハイドンが没した年にメンデルスゾーンが生まれているわけである。今日はメンデルスゾーンの資料がないかいろいろと探すうちに、オランダ公共放送協会のウェブサイトで珍しい録音を見つけた。"Concert voor viool, piano en strijkorkest”・・・日本語でいうなら「ヴァイオリンとピアノのための協奏曲」といったところだろうか。独奏のヴァイオリンとピアノによるドッペル・コンチェルト(二重協奏曲)であり、メンデルスゾーンが13歳から15歳にかけての2年間で作曲された一連の協奏曲の一つである。


メンデルスゾーン


 この曲の録音というのは珍しいはずだ。これは1999年12月19日に行われた演奏会のライブ録音で、ベルンハルト・クレー指揮、オランダ放送室内管弦楽団の演奏である。(・・・・・・肝心のソリストが誰なのか書いてないのだ。残念である。)

 典型的な3楽章構成のこの曲は、全体を通してヴァイオリンとピアノの掛け合いが愉しく、メンデルスゾーンならではの美しい旋律線を楽しむことができる。奇をてらう部分がまるでなく、それなのに一時も退屈させることなく進行する。演奏自体は決してベストとはいえないのに、これだけオーソドックスな書き方で飽きさせないというのは、決して独奏楽器が二つあるだけではあるまい。しかもこれだけの曲を10代前半で書いたというのだから恐れ入る。やはりメンデルスゾーンの天才性だろうか。

 残念なのは、時代考証を意識してなのか全体的にヴァイオリンのピッチが低く、またヴォルフガング・サヴァリッシュのもとで研鑽を積んだ指揮者の割にアンサンブルが悪いことだが、貴重な録音を残してくれたことに感謝である。


[試聴]
mms://media.omroep.nl/bobo01/1/media/avro/klassiek/zoc/zoc_991219.wma

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

コメント

やっぱり天才!

どうも、こんばんは!
メンデルスゾーンは最近、聴くようになりました。
無言歌集は聴いていたのですが、
これほどの天才とは思わなかったです。
この曲も、古典古典なんですが、とても子供の作とは思えない。
行儀が良すぎるところが、子供ですかね!?

こんばんは

ブログを始めて良かったと思うことは
知らない名曲を教えてもらえるところです。
他にも自分と趣味が合う(クラシックを
聴いている)人の話を聞けたりで...
今日もメンデルのめずらしい曲を
聴けました。
感謝です。

Re: やっぱり天才!

こんばんは!メンデルスゾーンというと、私は今まで、裕福な家庭に生まれ育ち、何一つ不自由なく生涯を終えた悩みなき作曲家というイメージが先行気味だったのですが、生誕200年に際していろいろと調べると、ユダヤ人としてのいわれなき迫害に苦悩したりと、大変な人生を送った人なんだなあと改めて認識しなおしているところです。私も最近まで、こんな天才とは思ってもいませんでした。でもせばすてぃあんさんの「行儀が良すぎるところが、子供」とおっしゃるのが言いえて妙、まさにぴったりでスゴイと思いました。

無言歌集、いい曲集ですよね。38年の短い人生・・・もっと長生きしていたらどんな曲が生まれたんだろうなんて思います。

ニ短調

ホ短調は知っていたのですがニ短調は知りませんでした。
メンデルスゾーンって本当に天才ですよね。。。
シューマンは尊敬する、というより一種の憧れ
「すっげ~やつだな~」
と思っていたのではないかしら。
メンデルスゾーンは画才もあったそうですね。
天は二物も三物も与えるんですよね・・・
才能があってしかも超金持ち!!!

Re: こんばんは

 こんばんは!感謝とおっしゃっていただけるなんて、私のほうこそありがとうございます。逆にkurt2さんはじめ、皆様のブログにお邪魔して、今まで知らなかった楽しみ方を勉強しているたこです。ブログ、始めてよかったです。

 この曲、演奏会では稀に取り上げられても、録音となるととても珍しいと思うんです。なんだかお宝を見つけたようで、つい嬉しくなっちゃいました(笑)。

Re: ニ短調

しかも美少年。。。(汗)

http://blog-imgs-24.fc2.com/a/u/v/auvergne/mende002.jpg

ホ短調のコンチェルトもホントいい曲ですけど、この曲も素晴らしい曲だなあと改めて感じた一日でした。実はメンデルスゾーン、もう一曲ステキなニ短調のヴァイオリン協奏曲を書いていて・・・でもホ短調のあの名旋律を聴くと、やっぱりコレだなあって思います(^^

シューマン、仲良かったんですよね。逆にシューマンをこれまであまり知らなかった私にとって、はるりんさんのお話がとても勉強になります。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。